唐松岳登山 1泊2日

9/27(木)
9/25(火)予報通り雨
家からカッパを来てゴンドラヘ(振興公社募集の登山に参加)
普段ならこんな雨降り日は山行きは中止なのですが決行!!
上りはうつむいてばかりで雨のしずくがポタポタと落ちてきます。
雨の日もまた楽し!!
厚い雲霧に覆われて視界ゼロ

少し小ぶりになった扇の雪渓で昼食(12:00)
見渡せばしっぽりと濡れたミネカエデの黄、ナナカマドの朱が鮮やかすぎる。
明日を期待してカメラも出さずに前進のみ

頂上へと続く傾斜で崩落があり今年はルート変更
険しい尾根道を上り詰め山荘裏側へのルートです。

9/26(水)
翌朝信じられない青空 剣岳がみえます。

剣岳の下に雲海  月が輝いていました。
徐々に明るさがまして

ご来光は残念ながら鮮明ではありません。5:40頃

徐々に開けてくる朝真っ青な秋の空です。

雲海の下は黒部渓谷

滑落現場だったそうです。切りたったガラ場

タンカンを組み合わせた尾根道が数箇所続きます。
朝露で濡れているので要注意!
ストックはしまって自分の手、足を信じて。

 


岩肌に咲くイワギキョウ(一輪だけ残っていました。)


快適な尾根道歩き

雨の山行きでしたが、それはそれで思い出深く
力強く先導してくれた案内の方のおかげで6人のパーティは無事下山してきました。

ありがとうございました。
とてもいい思い出になりました。

お疲れ様でした。

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*