Popular Tags:

絶景昼寝

2017年6月20日 at 11:09 PM

カラ梅雨も終わりそうな予報、その最終の晴れに合わせて山へ。
直前決定で1から用意するとなかなかパッキングに手間取るのは夏も冬も似たようで
日帰りだしすぐ引き返せる唐松岳だからと適当に詰め込んで行ってきました。
若干寝坊するおまけ付き。

出発が出遅れたのもあるけど夏至の1日前は登り始めから日が高くすでに暑い。

アルペンからグラートあたりが今の花満開時期ですが
登山道でもちらほらと。

第二ケルンあたりの雪はまだたっぷり。

八方池もようやく解けだした頃。

麓ではすっかり濃くなった緑も下の樺はまだまだ新緑が気持ちいい。

下の樺を過ぎるといつもの夏道ではなく尾根を上がっていくこの時期だけのルートは
景色がいいけどよそ見して踏み外すとどっちも滑落する馬の背です。

上の樺はスルーしてひたすら尾根側は春先バックカントリーで登ったルートに近く
ここのシール登行きつかったっけな、とか思い出しながらまっすぐ丸山ケルンまで。

不帰から白馬三山までまるっと見える大展望!
ここで一息、あと1時間程で稜線ですがなんか疲れたし眠かったしで
この絶景を見ながらお昼&昼寝することに。
梅雨明けて夏山のハイシーズンまでは人も少なく、大胆にもケルンに寄っかかって冷たい風を遮り
ジャケットを着込んでいれば快適にウトウト。
この先の尾根道も楽しみではありますがここでのまったりもまた贅沢。

雪解けが進む八方池の引き込まれそうな色合いは今だけ!

手頃な岩場-鳶岩-

2017年6月4日 at 11:08 PM

5月はいつになく暑い日々が続いたりしていたのに
つい先日は山に雪が降るほど寒くなったりまだこの時期はいったりきたりですね。
滑りに行く人は滑りに、僕達は岩に
人もまたどっちも楽しめる移行期間。
今回は長野にある鳶岩にきました。
大室古墳群というところのすぐ近く、白馬からは1時間ちょいで行けるアクセス抜群の岩場。

相変わらず岩と人工壁とでは登れるグレードが違って
人工壁の方が登れる気がするんだけど相方はその逆だと言うし得意不得意?
5.10bが登れたかと思えば5.9に苦戦し、初級ルートでこんなだったら
クライミング始めました!みたいな人は早々に諦めちゃうよ、なんてブツブツ言いながら
いつまでたっても上達しない僕は最後に5.9を辛くもオンサイトで勝ち越し。
なのか?

目指せ3000m級BC

2017年5月14日 at 11:39 PM

GWをいい状態で終わり、今シーズンはまだまだ雪があることからどこか行きたい!
と常々話していた1つに乗鞍岳BCがありました。
急な誘いだったけど合わせられた人たちでのんびりハイク。
白馬では見ない開けた視界と山々、最高の天気に恵まれたBCまとめ。

家の周りはもうすっかり初夏の様相
5時前の薄暗さはすぐに明るくなり、まだ眠たい体が徐々に起きてくる。

白馬からは2時間半くらいで乗鞍観光センターまで。
そこから位ヶ原山荘までバスに乗るんだけどその車内の静けさよ。
僕もちょっとの時間だけ睡眠補給。

始発バスは5台、全部がBC目的の人ではないけど登り始めの混雑は見たことがない光景
週末の八方も行列になるっていうからこんな感じなのかな?と。

広々していてどこを登ってもいいけどダケカンバ通りをくぐって

左側に見えるのが乗鞍岳山頂、さて長い登りになります。

山頂に近づくと散り散りになっていた人達がまた収束
シールだと人のトラックの方が歩きやすくて、合流を繰り返していくうちに1本道へ。
タイミング悪く渋滞に嵌ってしまうも横を抜けていく程スピードアップは無理
10歩進んでは立ち止まる繰り返しでちょっとペースダウン。

ゆっくりだったから後ろを振り返る余裕もあり
穂高連峰を見渡して気分をリフレッシュ!

稜線まで来たらピークはあと少し!
風が強いかと思ったけど許容範囲でインサレーションを着ていればのんびり休憩もできました。

そして登頂3026m!
たぶん3000m級としては一番お手軽な場所だよね、登山としてもBCとしても。
登り2時間半で危ないところもなくここまで来れちゃう
滑りもドロップを躊躇するような場所なくどこでもOK
緊張感はないけどピクニック的BCがロングツアーの醍醐味。

見えている岩にさえ気をつければいいくらいの好コンディション
まずは出だしのミニ雪庇でちょっと遊んで。

岩際ターンとか

オープンバーンを自由に

トラバース多めだったけど楽しめた乗鞍岳BC
お疲れ様でした。

そして帰りのバスの時間を確認していない僕らは下りてきて1時間も待つことになったのでした。。。