21-22シーズン

少し風が気になる朝でしたがリフトは無事動き出しました。
雪が終始ちらちらと舞う天気で山は雲の中。
だけどライブカメラで上部が抜けていることを確認しているので目指せ黒菱。

予想以上に晴れ、黒菱は下まで十分見えます。

黒菱ブッシュ上部はあまり滑られていない?
風の影響で硬いかもしれないので恐る恐るドロップイン。

全く警戒せず滑れるわけではないけど柔らかいパックパウダー。
優しく踏み込むとマイルドに沈み込む感触は強風でできる雪の中で最上。

ブッシュ下部の溝はほぼ埋まり、ブッシュ自体もほとんど埋まりました。

黒3ペア沿いの急斜面スタート。
このあたりの横切るトラックを直行し、あの支柱左上あたりのパックを狙ってターンをあわせよう。
そんな風に滑り出す時には1,2ターンはしっかり、後半は大まかにライン取りを考え
難しすぎたら仕切り直し。

今回は狙い通りのパックパウダーに右ターンを合わせることができほくほく。

黒菱ブッシュ右側は見た目からして柔らかそうなパック。
はじめにブッシュ下部の様子を確認してあるので、あのブッシュの端から左側に回り込んで・・・
とここでは後半に合わせてブッシュ先端を左ターンで通過するイメージで。

うさ黒回しをしていても黒菱のことばかりですが、
うさぎ方面はガスっていることが多く雪質は場所により様々で
新コース上部の吹き溜まりがよさそうに見えて滑っていくとすぐシュカブラ群が登場。
カチカチではないものの油断していると板はすぐに持っていかれます。
滑った時はたまたまガスがはれていますが、これが真っ白の視界だと思うと易易と滑れるようなコンディションではないですね。

20-21シーズン

金曜日から今日までで累計1mくらいの積雪を除雪しただろうか。
おかげでゲレンデは様変わりし白樺はこのとおり。

セントラルもこのとおり。
白樺のコース正面やリーゼンからの迂回、セントラルの迂回には圧雪が入り
下山コースはすぐにでもオープンできそうです。

これだけどっさり降ったのでテレマーク週間は終わりにしてアルペン初滑り。
昨日はすごく冷えて、除雪もサラサラだったのに今日は暖かく雪はぺとっと湿り苦労しました。
果たしてゲレンデの雪はどうかという懸念からもアルペンがいいかと。
上部でも日当たりがいいうさぎはまずは見下ろすだけにします。

黒菱はまだまだ圧雪範囲は狭くオフピステばかり。
1本目に安全にいくならこのへんか。

上部は少し風が吹き、雪の湿気はそれほどでもなさそう。
冷たい空気で一呼吸し気持ちを落ち着かせてドロップ!

散々滑られ、ブロック状に残った雪溜まりはスピード域ごとに攻略法があるんですが
なんかパウダーを滑る神経系が眠ったままなのかイメージよりすごく苦労します。
まぁ1本目なんてこんなものか。

黒菱のよさに少し迷うもやはりスカイラインは行っとくべきかと思い、いつもの景色。
このあたりの残りパウダーは少なそうに見えますが斜度が急になるにつれ黒菱同等に残り
少しだけスカイラインの方が重い気がします。
パウダーの滑りを完全に引き出せなくともテレマーク週間で筋力は申し分ないはずなので
いつもの調子で加速からのリフトくぐり。
2段目をパスして3段目とちょっと手を抜きつつスカイライン通し。

その後風が心配になりうさぎ方面へ戻るところ。
新コース上部は荒れてはいるけど雪が軽めで、これならうさ黒回しもよかったかと思いきや
斜度が変わる辺りで雪質も急変、湿ってぺとってむずい雪でした。

その後うさ黒回しはアルペンが強風運休になりできずに退散。
タイミングがいいんだか悪いんだか。

21-22シーズン

気温が下がらず雪は早々に湿り気を帯びてきました。
昨日滑った黒菱ブッシュ上部は風ですべてリセットがかかり、雪が重たくなったとはいえノートラックのうちは楽しめます。
また、黒菱メインの方はたくさん滑り荒らされ、ボソボソとした感触の雪。
スピードを出せるような簡単なコンディションではないものの、雪溜まりを狙ってターンするようにして柔らかさを楽しむにはいいかな。

昨日はいまいちだったアルペン線下では新雪はほぼなくなって雪は全体的に緩んでいます。
面で滑りたいパウダーと違い、エッジがかかりやすくなった硬めの下地を基準に
どのターンでもしっかりエッジを意識した滑りで行くと今日の方が滑りやすい。

土曜日にかけこの冬最も強い寒気がくるようです。
この景色は数日で一変することでしょう。
どっさり積もればテレマーク週間もとりあえず終わりにできるかな。