22-23シーズン

寒波前の穏やかな日。
昨日の続きでうさ黒回しでもよかったのですが
雪が降ったらフラットどころじゃなくなるので少し滑っておこうとパノラマへ。
そうしたら雪は柔らかめでカービングしやすく
ちょっと滑るつもりがみっちりに。
板が滑らないのか滑りが悪いのか斜度が緩い中盤でどうしても遅くなるのはなんでだろう。
カービングのしすぎかな?
普段はやらない動きをオーバーにしながら
文字通り雪面を削るような意識をもってぎゅいぎゅいターンして
リフトからは滑った跡を探してしっかり掘れているかチェックしちゃいます。

風吹いてますよ、と言わんばかりの雲の形。
上部はやはり風が強く、ぽかぽかしていたパノラマと比べ体感温度は低く
顔には飛ばされた雪がバチバチと当たってきます。
黒菱廊下の片斜には雪が吹き付けられ、硬そうな下地に見えて意外と滑走感がいい。

使用スキー
175cm
ノーマルキャンバー
top-waist-tail(mm) : 121-79-108

22-23シーズン

雪付きがあまりよくないですね。
金曜日の夜は風もあったので、もしやと思っていたとおりのコンディション。
降る前が硬かったのと乾いた雪だったので半端な量では全回復にはなりません。

滑ってみると予想より新雪の柔らかい部分があり
カリカリとのミックスは意外と軽快に滑れます。
アルペンとうさぎペアの間のコブは不規則かつまばらで
アイスバーンをズラして柔らかい雪が溜まり気味のコブに当ててもいいし
いい並びがあれば飛び越えても楽しい。

風の影響がはっきりわかるスカイラインの尾根。
よく風が当たるところには全然雪がついておらず、
リフトをくぐる辺りから徐々に積雪アップしてくるものの下地は硬い。

まんべんなく柔らかめなのは黒菱。
パウダーが残されているわけではないですが
スピードコントロールしやすい柔らかさ。
しばらくカチカチをズラすしかなかった雪も少し持ち直しました。

使用スキー
175cm
ノーマルキャンバー
top-waist-tail(mm) : 121-79-108

22-23シーズン

よくパノラマの南側でポールをはっている場所が空いている。
ゴンドラから見下ろすその斜面がよさそうでついつい1本、
狙い通りに硬く締まっている雪は苦労なくエッジがかかり
5割増しで上手くなった気になるターンができます。

黒菱フラットの圧雪範囲も少し広くなり
こちらもまた最高の圧雪具合。
硬いので午後でも全然荒れていません。

スカイラインまで来ると若干アイシーな部分も出てきて
エッジのかかりに不安があるので無理にカービングせず
ズラしをコントロールするようにちょっと落ち着いて。

どこもコンディションがいいフラットをスルーし
今シーズンからのパークの様子見にきました。
HAPPO PARKS 【NATURES】
Naturesと題された自然を表現したパークとのこと。
いくつかのキッカーにバンクやスパイン、ロールと
飛んでも、飛ばなくても楽しめるような設計。

使用スキー
182cm
キャンバーロッカー
top-waist-tail(mm) : 128-96-119