18-19シーズン

スカイラインは滑り出しから雪はまだまだ豊富。

中盤もこの通り。
たまに穴が空いていたりしますけどね。
これならGWに入ってもオフピステいけそうです。

気持ちよくスカイラインを滑った後に、新コースのコブがいいと聞いては滑ってみる。
掘れてきてはいるけど斜度がゆるくスピードが出ないうちはライン取りをしっかりと意識して滑っていけます。
この先にエア台が作ってあったのでこのコブもきっと作ったものだと思います。
細かめのピッチでライン取り、エッジング、先落としとかに重点を置いてみっちり練習。
できることを再認識する
このところのレベルアップ方法をコブでも試してみてます。

18-19シーズン

強風だったわりには雪は硬くなく、オフピステもまーまー滑れる。
ブカブカのストップですけどね。

久しぶりに滑る新コースもコブではなく積もった雪の名残がストップ化。
これが滑れば気持ちいいのですが埋まる、止まるの難しいところ。
ファットで滑れば浮力を感じて気持ちよく滑れそうな雪ですね。
しかしGWまで滑れる日が限られて、今シーズンは全く滑れていないコブも練習しておかないとと思い、今日はコブ板を履いているから浮遊感とは無縁。
トップが刺さらないように、埋まらないようにと滑ります。

いやいや、今日はそんなではなくコブ板でコブを滑る前に、ちょっと確認でフラット練。
人が少なく黒菱フラットは午後にしてはあまり荒れていないので
確認しておきたいことを試していました。
無意識にやっていることを意識して
新しいことを練習するのもいいけど自分の滑りを再認識するのも大事ですね。

18-19シーズン

春らしく、というか初夏のように気温が上がって暑く
雪はねっとりストップ系なのに黄砂とかの汚れで輪をかけて滑りません。
高い山は白いというのにゲレンデは色が悪いです。

オフピステは相変わらず凸凹にストップマシマシなので快適に滑るなら圧雪側。
それでも滑りが悪いけど、平日のスカイラインは空いているのでのんびりクルーズしてもいいし
スピードだして一気下りも滑りごたえがあって最高です。
雪はザブザブしてますが埋まって足が取られるということもあまりありません。

たまにはスカイラインのコブの様子も見てみると、こちらも雪は十分あって
溝に土が出ているところはまだありません。
ただ雪がねっとり絡みつくようで、よく足が取られます。
それにさえ注意すればスピードが出にくいので練習にはいいかもしれません。