21-22シーズン

さぁいよいよラストラン!
今シーズン最終日は天気に恵まれ平和な締めくくりになりそうです。

暑すぎた昨日までと違い少しヒンヤリ、板は走りそうな予感。

テカテカは春の狙い目。
ストップ雪の心配をせず、最後だから色々自由に滑っておきます。

コブがあってもなくてもやっぱり好きな黒3線下
GW後半にはすっかりコブが増えてきたので今日はコブフリー、ラインを決めず行き当たりばったり。
できること全てを織り交ぜながら最後まで楽しみます。
昨日頑張りすぎて疲れが残っているってこともあるので
集中は一瞬、あとはコブクルーズ
1本の中にもメリハリを。

風が出る予報だったり、途中曇ってきたりしましたが
帰る頃にはまた日が当たり山のゴツゴツはかっこよく見え
最終日はしっかり満喫できました。

雪が多い冬で誰もが春の残雪に心配すらしていなかったはずなのに
解けだしたらあれよあれよと減ってしまいましたが
うさぎと黒菱に関しては十分残り、後半の数日はしっかり滑ることができました。
個人的にはコブを滑り始めてもガラスの膝がなぜか調子よく、もちろん怪我なく終われたことに満足です。

今シーズンも滑雪blogをご覧いただきありがとうございました。
雪の話はまた来シーズン、夏の間は何かあれば書きますのでたまに覗いてみて下さい。

それではまた。

21-22シーズン

いよいようさぎの穴が大きくなってきて
下からでは見えない穴もあちこちにありそうなうさぎ。
圧雪側は狭くなっているとはいえ快適に上から下まで滑れます。

コブは真ん中からリフト寄りだけになりタイミング次第でちょっとライン待ちがあります。
シーズン最後の週末とはいえGWが終わった感があるのか人は少なめ。

例年GW後半ともなるとコブが深すぎてどこも滑れないようなところばかりになりがちですが
人の少なさからかここにきてちょっと滑れそうなラインがうさぎにも黒菱にもあり
またしぶとくコブ滑ってみます。

黒菱だとペア沿いとか。

ここまで黒菱の圧雪側が剥げてくると流石に滑る人は少なく
みんなうさぎに行くかトラバースしてコブに行くか。

春の恒例なのかなんなのか、とんでもなく細かいラインも出来上がっていたのでとりあえず挑戦しておきます。
細かすぎるとどうしてもターンがおろそかになり吸収動作で合わしていくだけになりがちなので
しっかり角付けできるかどうかがポイントとなりますが
細かすぎて滑っているとだんだん可笑しく、笑って力が抜けてしまうので
まずはそうならないようぐっと我慢。
始めから細かいのに特に後半のラッシュがやばい。

個人的におもしろかったのは溝に土が出ているライン。
中には水たまり状になっているところもありそこをどう回避するかの緊張感。
この写真からいくと回避できてなさそうですけどね。

明日はどんなアスレチックができているか、最終日も楽しんでいきますよ。

21-22シーズン

このGWは例年より空いているという話。
金曜日の今日はどうも平日扱いらしく、最後の週末前の一呼吸で
僕もこうして滑りに来ています。

明日も滑りますけど。

しばらく来ないうちにゲレンデの雪はまた一段と減り
滑ろうと思っていたところはもう無理だったりしていました。
とはいえ全体的に雪は多く、特に黒3北側このとおりコブだらけだし裏黒も滑れます。

先日積もった雪がストップ化しあんまり人気がないところは板が走らないのが難点。

オフピステのコブ化が激しくうさ黒回しでもずっとコブになりがち。
真ん中のブッシュの隙間を抜けていくのはもう滑りにならないのでパスし
人が少ない急斜面の方でラインを決めず適当ターンで凌ぐ。

滑ろうと思っていたアルペンとうさぎの間はもう完全に切れてしまって滑れず
新コースも雪不足の為クローズになっていました。
うさぎのコブはところどころ溝に土が出始めて、雪が多かった冬でも例年の様相。

GW終盤にはもうほとんどいつものようにコブを滑ることが少ないので大した問題ではなく
コブロングしたりどこでもターンしたり、端っこチャレンジしたり。
雪が減りチャレンジ感も減ったような気になりますが
落ちるか落ちないかのギリギリはやはり楽しい。

使用スキー
170cm
ノーマルキャンバー
top-waist-tail(mm) : 105-68-95