21-22シーズン

少し早上がりで午前中から。
これ実際はかなり晴れているのですが、ちょうど太陽の方に雲が広がっているため
ゲレンデから麓の広範囲でこのように曇っています。
日があたってかっこよく見える白馬三山は残念ながらパノラマからでは拝めません。

昼過ぎくらいには気持ちよく晴れてきて気温が上がってきました。
日当たり時間が短いので雪はあまり緩まずハイシーズンそのもの。
柔らかい雪をちょっと圧雪したくらいでは固くならず、荒れるのが早いのですが
いつまでもサラサラで柔らかめの雪を滑るのが最高。

国3線下の圧雪範囲が少し広くなっていますが継ぎ目なく圧雪されているということでもないので
比較的残されがちな線下のフラット狙いはまだ早い。
左右を比べると状態がいいのは左側でしょうか。
左側の方が人が多く滑っている印象ですが右側の方が凸凹感あるので圧雪具合が違うのかもしれません。
圧雪範囲が狭いのはさておき、積雪は十分あるしパノリンも滑れるし雪の状態はいいし
ハイシーズンとしてもいいくらいのコンディションです。

そして平日になると人が少なくなるので通して滑ったりもしています。
ただパノラマは最後が急になるので雪面が荒れるのが早く
中盤までのいいスピードのままいくよりは減速して様子を見ながらいくのがいいでしょうね。

八方尾根のサイトによると11月30日までの営業予定の記載があり
当初のオープン予定日の12月1日からは滑走可能エリアが拡大しそうな書き方ですね。
うさぎと黒菱はおそらくオープンするのでは?
リーゼン下部の方でどれくらい雪がついているかによってはこっちもオープンありえる?
しかし急な降雪でスタッフ不足だと思うのでリーゼンまで動かすのは厳しいか。
そういえば人工降雪をやっている気配がないのですが下部の方はやっているのだろうか。

20-21シーズン

今朝は澄んだ青空が広がり最高の滑り日和となりました。
僕はといえばいつもどおりの午後からなのでこのコーデュロイを楽しむことなく
柔らかくなったでこぼこに足を取られながら体作り。

気の早い人じゃなくてもこんな天気なら登りたくなりますね。
うさぎは圧雪していないからツボ足だとさすがに厳しい。
新コースはこの1本のみだけどうさぎ正面には何本もトラックがありました。
ふかふかそうに見えて午後にはもう重さを感じるくらいなって
もし滑ったとしても難しいかも?

朝一の圧雪はおそらく完璧にできていたはずだけど
柔らかい雪だとすぐに荒れ、カービングの溝も深くて重なり気味になると足を取られやすいです。
スピードを出すよりもぎゅいんと削る感じで脚を疲れさせる作戦で。
まだちゃんと滑ってはパノラマ1本通せないので、上がオープンするまでに少しでも仕上げておきたいところ。

オープンから連日の雪はここで一旦ストップ。
今夜は晴れるので明日は放射冷却で寒くなりそうです。
きっと雪も締まって圧雪日和間違いないでしょう。

21-22シーズン

昨夜は麓でも雪になり、朝までに20-30cm程
となると上部では50cmオーバーが期待できます。
もちろんゲレンデはパウダー祭、パノラマしか滑れないので気の早い人達はゴンドラ回しをしているようですね。

いつものようにゆっくりゲレンデへ向かい予想通りの積雪量ににんまり。
すでにうさぎ平の積雪量は130cmに達し、雪質も昨日と比べるとかなりドライ、脇のパウダーへ飛び込んでも自然と板が浮いてきます。
地形の段差はありますがパノラマのメインコースなら石やブッシュの心配は全くなし。

今日も終日雪が降り、こうして視界がいい時は快適に
ガスってきた時には雪面のボコボコに注意しながら滑ります。
人の引けは思ったよりも遅いのですが国3右側は滑る人が少ないのでちょっと積もり始めてきた?
変なボコボコに苦戦するより楽に気持ちよく滑れるところで体慣らし。
NTNにしたところパウダー滑り難くなった疑惑が湧いてきたので
この感覚を早いところ払拭しないと。