登山・トレッキング

これぞ秋晴れ!最高の日に八方へ登ってきました。
紅葉目当てで山頂を目指さずのんびりHike and Chill。

例年よりは遅めの紅葉がようやくピークか。
だけど寒暖差が少なかった9月のせいか色合いはもう一つ。

平日のわりにゴンドラ至近の駐車場は朝から満車で大人気。

池の周りは大人気だからいつものようにお昼は少し登って下の樺のちょっと下まで。
ここからだと尾根の両側が見えるし、見下ろす八方池もおすすめ。
暑いくらいの日差しが降り注ぐ10月とは思えない気候ですが、尾根上にいると気持ちいい風が吹き続けて居心地の良さに時間があっという間に過ぎてしまいます。

午後になっても雲ひとつない青空の1日でした。

登山・トレッキング

なんだかあまり寒くない、むしろ暑いくらいの9月末。
麓では紅葉な気がしないでもないけど山は確実に紅葉期へ向かっています。
狙っていた紅葉週間は天気が悪そうになり、その前の晴れ予報にこれは行くしかない!とまずは栂池自然園へ。
紅葉の進み具合は奥の方で見頃にあと一歩といったところでしょうか。
しかしピークを待っていると雨も降るし台風も来るので丁度いい時に行けたんじゃないかと。

最高の晴れのハズなのにしっかり曇り、遠くを見ればガスがかかったりする
そういうのもたまにはアリでしょうか。

去年は通れなかった展望台からヤセ尾根ルートの整備が終わっており
急な階段が幅広く、歩きやすくすれ違いやすく快適になっていました。
今までになかった小展望台や退避スペースもできています。

色とりどり、その言葉がぴったりの栂池自然園の紅葉。

登山・トレッキング

毎度ありがたく利用させてもらってる村民無料期間。
今栂池が無料で行けるってことで、自然園はまた紅葉期に来るとして上を目指して白馬大池まで行ってきました。

もう一枚着込もうか迷うひんやりした空気、紅葉が近いがまだそんな匂いはしない歩きはじめです。
登り始めて少しすると見えてくる振り返りの景色。山の重なりがきれいですね。

だけどほとんどは眺望のない樹林帯を修行のように歩く。
むしろこれが普通の登山であるのに、八方を登りなれていると景色のなさにいつも心が折れそう。
体が慣れてくる15分くらいが特に。

天狗原までくればあとはもう見えている斜面を登るだけ!
白馬乗鞍の特徴といえばこのゴツゴツの登山道。
でっかい火山岩を登りはひょいひょい行けるんだけど下りがちょっと嫌なところ。

もう少ししたら秋色に染まる稜線はまだ夏よりの色。

今年は全然歩いていなかったから紅葉前の足慣らしにはなったかな。