20-21シーズン,滑りじゃない何か

風が強いのはわかっていたけど朝から強風運休とは思わず
少しは滑れたらいいかなと思っていたらリフトは少し動いただけで運休、そして終了へ。

今シーズンはGW後の延長期間があったことでのんびり、しっかり滑れたし天気も良く滑り納めとしては満足です。
昨日の帰り際には明日があるさとゴンドラに並ばないよう足早に帰ったけどもう少し滑っておけばよかったかなーとか思わないわけでもないですが、こういうところも八方なんだと。
それに去年の強制終了のことを思えばどうってことないですね。

シーズン通してみれば久々に雪に恵まれ、パウダーばかり滑っていたハイシーズン。
しかし寒暖の繰り返しでコンディションは安定しませんでしたね。強風の日も多かったです。
大雪から春は安泰だと思われたけど3月以降まともに雪が降らず4月初旬の異様な暑さで貯雪がなくなりそうになりましたが
こうしてみると黒菱にこんなに雪が残ったシーズンは稀でしょう。

今シーズンも滑雪blogをご覧いただきありがとうございました。
また半年とちょっと後に初滑りをお届けします。
それまではたまに山に登ったりとかなんかしたりしてますのでたまに覗いて見て下さい。

ではまた。

20-21シーズン

朝は強風で営業見合わせ、まさかの終日運休!?と焦りましたが9時には運行が開始したようです。
上がった時にはもう風なんてなく、強風だったのが信じられないくらいで
風が吹いていたら寒いかなと着てきたジャケットが早速暑い。

さぁ今日明日はもうとにかくフリー。てきとーに滑りまくります。
日差しがあって気温がかなり上昇し雪はまたストップ化し
うさぎの穴だらけのコブでコブロングをやるには緊急回避のジャンプが使いにくくちょっとイマイチで
右側の圧雪部分をしゃららーっと行く方が板が走るし快適。

うさぎの圧雪はなぜだかよく滑るのに対し、黒菱は斜度が緩いこともあってかあまり滑らない印象。
廊下は幅が十分あるので目一杯使いながらどこから下りても大丈夫な安心感がいいですね。
黒菱三角はストップ雪なので軽快に滑れるというほどではないにしても。

黄砂の関係か徐々に雲が広がって日差しが遮られフラットライトになるとコブは難しくなります。
とりあえず滑っておきますがここのライン群は人気なので左右の人にも注意しながら間隔を空けて滑った方がいいでしょうね。
シーズン終盤を怪我で終わらせるのは残念だから。

20-21シーズン


例年GWまで滑る人にはわかると思いますがこの雪の量よ。
黒菱の廊下は全く土や石が出ていないし斜度が変わるところはいつもだと雪が割れてくるのですがそれもなし。
黒菱の東側の方はさすがに薄くなっていますがリフトの両サイドとも十分に滑れる幅があります。

うさぎの圧雪側も十分な雪。
今日は曇って少しひんやりしているので圧雪部分はよく板が走るので久々のハイスピード寄りでうさ黒回しから。

黒3沿いもすっかりコブになっていますが線下には程よい隙間。
こんな汚れている雪でも今日はストップ感が若干マシ。若干。
ひんやりするとコブは少し硬く感じるので左右のコブにまではみ出す時はライン取りをミスるとくらうこともあるし、支柱の横を通る時は落ちないよう注意が必要。

一方うさぎのコブはそろそろ厳しくなり溝を滑らない工夫が必要でしょうね。
こんな時のどこでもターンやコブロングだけど昨日めいっぱいコブ滑ったせいで今日は筋肉痛が・・・
それに少し硬めになっていると気合も1段上げないといけないので、そんなコンディションではない時はパス。

明日にはまた晴れそうなのでそろそろ滑り納めも考えてゆるく行こうと思います。