22-23シーズン

フカフカだった雪はだいぶ落ち着いて
スピードを出せば飛ばされそうになるのでオフピステはじっくりターンしていくことにします。
自分の好きなターン弧で滑るのはもちろん好きですが
こういう滑るところをほぼ決められてしまうのも好き。

ところで積雪量の目安で黒菱のブッシュがたまに話題にあがりますが
スカイラインのブッシュについては書いたことがないかもしれません。
最下段の斜面のここ、かつてはもっとブッシュが少なく
意外と好きな斜面だったのですが今はもうほとんど滑れなくなってしまいました。
このあたりも程よく間引いてくれるといいんだけど。

スカイラインからの帰り、黒菱まで上がるのが面倒な時はおむすびショートカット。
わかってはいましたがこの斜面はすっかり日射でやられ
この自然なハーフパイプ地形では片方が春雪のブカブカ
片方はまだなんとなくフカフカといった具合で
左右のターンで違う季節を滑る様です。

使用スキー
182cm
キャンバーロッカー
top-waist-tail(mm) : 128-96-119

22-23シーズン

日差しが強くなってきて早くも春か?
まだ2月始まったばかりなのでもう少しパウダーの夢は見させて欲しい。
こうも日差しが強いと雪が降ったばかりとはいえ南向きはもちろんダメで
黒菱もところにより雪がボソっとしてきていました。

もちろんそんなことはお見通しで今日はスカイライン一択。
かなりの荒れ具合ですがコブっぽくなっている頂点は潰していけるし
踏みごたえもあるから飛んでもOK
どこでもズラせる程には柔らかく、加速しようと思えばすぐ板が走る。
低速から高速まで楽しめるいいコンディションです。

寒かった朝が嘘のように日中はぽかぽか。
1日の気温差が大きくなるのも春っぽい。

22-23シーズン

少し明るくなってきたかな、と思うのは麓のみで
上部は濃いガスに覆われグラートは濃霧で運休とか。
こんな視界ならパノラマで練習するかと滑った1本は
思ったよりも雪が柔らかかったのでオフピステへ路線変更。

強風後の雪は少し抵抗があり、見えない黒菱は流石に難しく
ちょっと雪が重く感じるスカイラインの方で。
ノースフェイスは荒れ具合に打ち負けそうになるものの
最下段ではマイルドな滑り心地のパウダーがたまに残って
斜度が急になるとパウダーごと落下していく感じがいいですね。

意外だったのはおむすびの雪質が午後でもよく
端っこの方にはスカイライン以上に雪が残り
より急な斜面で落下感を楽しんできました。

使用スキー
175cm
キャンバーロッカー
top-waist-tail(mm) : 128-95-119