23-24シーズン

大雪ではないものの雪が降り続いています。
風もなく静かに。

こんな天気だから雪面のコントラスト低め。
昨日より少しだけ人が多いような気がしますがそんなに荒れていないので
多少見えづらくても平気だし、毎日新雪が乗ってきて雪質は最高。
エッジ感覚は柔らかいものの下地が締まってきているような感じがしてなお良い。
パノラマは日当たりがいいので日が出ないことも好材料となっていますね。

八方尾根のサイトによると兎平の積雪は1mを越え十分オープンできるくらいまであるんじゃないかと思います。
僕としては平日早速オープンしてくれれば万々歳ですが次の週末前までお預けですかね。
これで一旦雪は終わって、晴れたり気温が高くなったりするようなので
オープンしたとしてふかふかのパウダー!というタイミングは過ぎていそうです。

23-24シーズン

オープン以来初の週末、はたしてパノラマだけで大丈夫かと思っていましたが
そんなに混んでおらずリフト待ちもなし。
これなら雪が削られてブッシュがでてくる箇所も少なくて済みそう。
そして昨日午後の雪ですっかり人口降雪の硬い部分は覆われて
全体的に柔らかめのコンディションになりました。

雪が降っていて雪面状況があまりよく見えません。
滑り始めて3日目ともなると足の疲労が溜まってきたところに厳しいのですが
気を抜かないようゆっくりでもしっかりターン。
脇のオフピステは断続的な降雪のおかげで硬くならず、ボコボコだけど楽しい状態が続きます。

使用スキー
175cm
キャンバーロッカー
top-waist-tail(mm) : 128-95-119

23-24シーズン

いい冷え込みが続いており雪質はさらにドライになった感じ。
圧雪範囲も少し広がり最高のシーズンインを迎えています。

昨日滑った感じではブッシュは出ていないし罠になりそうなところも少なく
1本目からノーチェックで滑り出すと人口降雪の雪がガタガタでヒヤッとしました。

人口降雪箇所以外では快適そのもの。
シーズン初めは体作りと勘を取り戻すことが重要で、二日目にしてすでにスピード域を上げられるコンディションは最高です。
毎年感じる違和感はおそらくNTNにしてから減っている気がするので
滑りの勘を取り戻すまでそう時間はかからないはずですが
如何せん筋力不足でパノラマ1本通すのでさえ太ももがぱんぱん。
しかも後半はごまかし入ってます。

平日は快適に滑れましたがこの終末にパノラマだけで大勢が滑ることになるとこのコンディションは維持できなさそうな気もします。
今日は昼頃から雪が降り出しましたがそれも夜まで。

シーズン初めのよくある話、新しい板で大丈夫?については
明日のパノラマなら大丈夫、明後日は人の入り次第でしょうか。
万が一うさぎ黒菱がオープンとなると念のため雪不足用の板かな。

使用スキー
175cm
キャンバーロッカー
top-waist-tail(mm) : 128-95-119