20-21シーズン

このところ週末は賑わいを取り戻してきたのですぐさまスカイラインへ。
日中は気温が上がりポカポカ陽気になりましたが朝は冷え込んでいたので上部は硬い下地にザラメなコンディション。
標高を下げれば次第に緩むだろうと下ってきましたが気持ちいい春雪にはもう一緩み、
日照時間が少ない北向きの斜面はガタガタで硬くここを滑る気にはならず。

逆に日当たりがいい南向きの斜面は狙い通りの緩み具合でストップ感もなし。
谷側から法面へ登ってしゃららーっと雪を落としながら戻ってきて
最後は林道を通ってサウスフェイスの一番緩んだところをいただきます。
もうすっかり春スキー期に突入ですね。

20-21シーズン

綺麗な環状の虹、ハロ
これがでると天気は下り坂なんだとか。

逆を見れば羽のような雲。
今日は空が面白い。

さて今日も引き続きフラット練。
パノラマのザブっとした春めいた圧雪、黒菱のカッチリめハイシーズンの様な圧雪、どっちも最高です。
板が程よく沈むパノラマでは板を傾けてできる壁が感じやすくついついやりすぎてしまいますね。
黒菱のカッチリも緩み始めているので似たような感覚で滑れます。
しかもリフト線下にはまだコーデュロイが残り、滑ってみては自分で掘ったカービング跡を確認したりして。
雪質のせいもあり、パノラマより黒菱の方が人が多くいる印象ですが
僕はもう少し長く滑りたいしうねっている方が好きなのでフラット練でもスカイラインかパノラマが多いかな。
もう少し上部から滑り込めるくらい圧雪範囲が広ければ黒菱もいいんですけど。

20-21シーズン

朝はガスっていましたが午後にはすっかり快晴となり、昨日降った雪が眩しいです。

そして期待した降雪量はこんなもの。
うっすら数cm、その下ガリガリの氷になってしまいました。
昨日は風もあり飛ばされているところもあちこち見られます。
景色を見るためにこっち側へ来て、それでも新雪を楽しむかと数ターンした後はトラバースして圧雪まで逃げる。
今日のオフピステは厳しい。

というわけで予定通り圧雪日和です。
一昨日のザブっとした春雪は昨日の雨オフを堺にまた冬に。
スカイライン上部~中盤まではカッチリ固まった雪を気持ちよく、最下部で少し緩み始めていてザクッとした感触がありますが
下地は硬くザラメの溜まりは少ないので上から下まで同じような感じでターンを楽しめます。

しばらくするとスカイラインの人が多くなり大きくターンするには危なくなってきたので広いパノラマへ移動して引き続きフラット練。
午後でもしっかりカービングできるくらいに綺麗で硬く、いいコンディションです。
しかし硬い割には新雪の上はあまり板が走らず、中盤の緩くなるところでかなり減速して逆に難しい。
日が傾くまでみっちり滑ったつもりだけどなかなかいい手応えがないのはスピードのせいか滑りのせいか。
ひとまずワックス塗ろう。