22-23シーズン

除雪していても全く固まらない雪、超上質な雪が積りました。
予報通り強風とセットで上部リフトは動かず
リーゼンが動いているのを確認してから白1に乗ったところでリーゼンの運休を知る。
名木山へ行く前でよかったということにして白樺を滑ることが決定。

白樺ゲレンデは線下の圧雪はあまりせず、しかも白2側は非圧雪が広く滑っている人はまばら。
ほんの数ターンで斜度があるところを滑りきってしまうのですが
しっかり浮く板なら地形のうねうねが楽しめます。
圧雪側はほとんど荒れていないところに吹き溜まり的にうっすら積もり
強風時の好きなコンディション。

使用スキー
181cm
キャンバーロッカー
top-waist-tail(mm) : 139-119-129

22-23シーズン

昼前から雪が降り出し、まだ積もり始めのゲレンデの下地は硬い。
5-10cm程積もっているが黒菱三角の下地は凸凹していて手強いので
すぐに見切りをつけフラットへ。
なんならフラットに積もり始めた雪を蹴散らして滑るのが今日の正解か?

下地がなんとなく平らなスカイラインノースフェイスなら滑れるだろう。
という読みは的中しなんとなくツルンとした大斜面に滑り込むと
積もった雪が軽すぎることもあってほとんどアイスバーンを滑っている感覚だけど滑れないこともない。

最下段の下地は柔らかめで、ここに来てようやく雪を押し出す感覚を楽しめるようになり
昨日と打って変わってズラしたターンでライン取りを決めていく。
ここは地形的に落ち込むところがあって、その瞬間すごく急斜面となるので
ターンの切り替えでクリアしたりスライドさせながら落としていったり
個人的なトレーニングスポット。

使用スキー
182cm
キャンバーロッカー
top-waist-tail(mm) : 128-96-119

22-23シーズン

寒波前の穏やかな日。
昨日の続きでうさ黒回しでもよかったのですが
雪が降ったらフラットどころじゃなくなるので少し滑っておこうとパノラマへ。
そうしたら雪は柔らかめでカービングしやすく
ちょっと滑るつもりがみっちりに。
板が滑らないのか滑りが悪いのか斜度が緩い中盤でどうしても遅くなるのはなんでだろう。
カービングのしすぎかな?
普段はやらない動きをオーバーにしながら
文字通り雪面を削るような意識をもってぎゅいぎゅいターンして
リフトからは滑った跡を探してしっかり掘れているかチェックしちゃいます。

風吹いてますよ、と言わんばかりの雲の形。
上部はやはり風が強く、ぽかぽかしていたパノラマと比べ体感温度は低く
顔には飛ばされた雪がバチバチと当たってきます。
黒菱廊下の片斜には雪が吹き付けられ、硬そうな下地に見えて意外と滑走感がいい。

使用スキー
175cm
ノーマルキャンバー
top-waist-tail(mm) : 121-79-108