18-19シーズン

朝から降り出したであろう雪は大粒ながらもフカフカでまたパウダーを楽しめてます。
昨日は雪がチラチラ降りつつ濃霧で上部リフトが運休していたことも今日のこの好コンディションに一役買っているかもしれませんね。
滑り出すと雪溜まりは柔らかく、コブもなし。
雪面が見にくいのでこれは助かります。

黒3北側もコブがなく、雪溜まりは真ん中ブッシュ以上。
雪が激しく降って視界は更に悪くなっていきますが
人が減り、雪が積もってコンディションは上向き。
急斜面で削られやすいところも削る人が少なければパウダーが減っても柔らかいままで繰り返し滑ってもパウダー感がなくなりません。
ハイシーズンにたまにあるリセットには程遠いけど、この時期にしては最高のパウダー。
ここ数日で景色が一変し、少しは貯雪できたかな。

18-19シーズン

朝は綺麗に晴れていて今日は最高の日か!と思ったのもつかの間
昼前にはすっかり高曇りで白馬三山の稜線の境も曖昧に見えてしまって
雪面はもちろん見にくいフラットライト。
日差しが出た時がドロップのタイミング。
この恵みの雪で生き返った山へ行ってきました。

あの雲から太陽が出たらスタート!
後ろから他パーティが来ているしいつもよりも急いで行動します。

強風後だし春だし雪が心配でしたが
意外と気温が上がらずなかなかいい雪とノートラックを当てて満足。
下には硬い層が埋まっていてたまに底にコツコツと当たるたびにヒヤッとすることもあるけど
ストップでもない、クラストでもないいい雪です。


ボトムまで下りてくるとドーザーで押して除雪したかのようなデブリ跡。
雪の量がものすごい。
3月にようやく川まで届く大きい雪崩だったようですが
さすがに川は埋まらずにじゃぶじゃぶして無事帰還。
早々に曇ってきたおかげもありいい雪を滑れました。
もうこれで今シーズンは最後でしょうか。

18-19シーズン

雪不足のシーズンにも訪れる季節逆戻りパウダー。
午前中は視界不良で運休だった上部リフトは午後には動くいい流れ。
朝方、麓では大粒の雪がドカドカと降っていたのでかなりの積雪を期待していったのですが
量はそれほどでもなく20cm、だけど雪質はサラサラの最高!!
春だと油断して薄着で来たら久しぶりに寒い。

視界が悪い上にコブがあると流石にむずすぎるので
見えてあまりコブがないスカイラインまで高度を下げます。
新雪が少し減ってガリガリと底当たりするけどまーまーいいんじゃないかな。
当たりが強いのでパウダーの気持ちよさばかりじゃないけど
板から伝わる抵抗感はやはりいい。