22-23シーズン

10年に一度の強烈寒波
そのせいで昨日は強風運休だった上部。
強風の時は積雪量が読めない八方なので多くても少なくてもいける板をチョイス。
上がってみると・・・もう1サイズ細いのでもよかったかも?

アルペン線下を滑ってみると蹴散らされた雪は雪溜まりではなくコブになりかけていて
そこへ当て込むだけに頼ったスピードコントロールでは厳しい。
広めのところを見つけてはズラして行くのが合ってます。
ここにはもうパウダー的なものは残っておらず、パウダー後のオフピステ。
いやもちろんそれは大好物ではあるけど。

もう少し雪を求めて黒3線下から北側。
特にブッシュ際には吹き溜まっていると思って途中からは右ターンに全集中。
アルペン線下ほどボコボコになっておらず雪も少し多め、いい感じです。

強風後であまり期待しなかったスカイラインは
15cm程積もっているものの下地はだいたい硬い。
硬いけれども押し出す雪は少しあるので十分に楽しめます。
ちょっと飛んだりすると着地の衝撃が思いの外強いことを除けば。

使用スキー
176cm
キャンバーロッカー
top-waist-tail(mm) : 135-108-127

22-23シーズン

除雪していても全く固まらない雪、超上質な雪が積りました。
予報通り強風とセットで上部リフトは動かず
リーゼンが動いているのを確認してから白1に乗ったところでリーゼンの運休を知る。
名木山へ行く前でよかったということにして白樺を滑ることが決定。

白樺ゲレンデは線下の圧雪はあまりせず、しかも白2側は非圧雪が広く滑っている人はまばら。
ほんの数ターンで斜度があるところを滑りきってしまうのですが
しっかり浮く板なら地形のうねうねが楽しめます。
圧雪側はほとんど荒れていないところに吹き溜まり的にうっすら積もり
強風時の好きなコンディション。

使用スキー
181cm
キャンバーロッカー
top-waist-tail(mm) : 139-119-129

22-23シーズン

昼前から雪が降り出し、まだ積もり始めのゲレンデの下地は硬い。
5-10cm程積もっているが黒菱三角の下地は凸凹していて手強いので
すぐに見切りをつけフラットへ。
なんならフラットに積もり始めた雪を蹴散らして滑るのが今日の正解か?

下地がなんとなく平らなスカイラインノースフェイスなら滑れるだろう。
という読みは的中しなんとなくツルンとした大斜面に滑り込むと
積もった雪が軽すぎることもあってほとんどアイスバーンを滑っている感覚だけど滑れないこともない。

最下段の下地は柔らかめで、ここに来てようやく雪を押し出す感覚を楽しめるようになり
昨日と打って変わってズラしたターンでライン取りを決めていく。
ここは地形的に落ち込むところがあって、その瞬間すごく急斜面となるので
ターンの切り替えでクリアしたりスライドさせながら落としていったり
個人的なトレーニングスポット。

使用スキー
182cm
キャンバーロッカー
top-waist-tail(mm) : 128-96-119