22-23シーズン

なんとタイミングの悪いことよ。
今しがた強風で運休になったアルペンクワッド。
麓が穏やかだったから全然チェックしていなかったが昼頃まで運休していたのが
やっと動き出したらやっぱりダメだった、というタイミング。
あと数分早ければ温存されていたこの雪を滑れたのに。
どうりでトラックが鮮明に残っているわけだ。

これはフラット練をしろとのお告げ
先シーズンは結局習得できなかったターンのギュイン感、今年こそは。
しっかりカービングするのはシーズン初日以来、
その初日もたった3本だけだったので慣らしにすらならない。
数日滑った後なので調子は戻ってきている!

はずなのにパノラマ1本通すと足ぷるどころか最後は手抜きしないと耐えられない。
習得途中の力が抜けてない状態かもしれない。
雪は程よく締り程よく柔らかい、すごくいい状態ですが午後の多少荒れた雪面だと多少の凸凹には備えないと
という意識かついつい力が入っているせいかもしれない。

いや、きっと昨日のパウダー疲れだ。

上部から雪煙が下がってくると強風の合図
パノラマリフトもしばしば止まることもありました。
今日明日が寒波のインターバル、そこからまた年末に向け雪が続きそうです。
昨年もそうでしたが年末に大雪となると交通状況が心配になりますね。
僕は除雪のことで心配になっているところです。

使用スキー
175cm
キャンバーロッカー
top-waist-tail(mm) : 128-95-119

22-23シーズン

ここ数日雪が続き山も麓も景色が一変
滑走可能エリアも日に日に増え、僕としてはスカイラインが開いたことで
生息域のほとんどが揃ったと言っても過言ではない。

真っ白で何もない。
ここに来る前にうさぎ黒菱を回して、視界が悪いのにボッコボコの斜面を
苦労しながらなんとか滑ってきたのでスカイラインノースフェイスのメロウな感じに癒やされたい。
斜度的な要因か滑る人の属性か、この斜面は荒れてきてもコブコブしくなることはなく
午後でも快適に滑れることが多いです。

なんの問題もなく1段目を滑り、いつもの2段目を覗く。
やはりまだブッシュだらけだがたまにあるノートラックに埋まりにいき
40cm以上はある新雪に浸かっては浮き上がる。

雪が降り出したら絶好調のアーリーシーズン。
リーゼンからの下山コースもオープンしました。

使用スキー
177cm
キャンバーロッカー
top-wasit-tail(mm) : 128-102-122

22-23シーズン

見上げるだけのうさぎはもう終わり。
今日からうさぎと黒菱が滑走可能となりました!!
午前中は競い合うように滑ったであろうこの斜面には
午後になると誰もいない静かな時間。
雪の勢いは静まりボコボコに荒れたままではありますが
どこもフカフカでおそらく底なし。
板に迷って太い方を選んで正解でした。

うさぎもそうですが黒菱もオープンから滑走可能エリアの制限はほぼなく
埋まっていないブッシュばかりの急斜面も滑るには滑れます。
結局たいていの人が線下へと集まっていくので途中からはコブばかり。
フラット側の非圧雪の方が斜度はないけど快適です。

パノラマだけでは追い込めない疲労に数本で達し満足な午後。

使用スキー
177cm
キャンバーロッカー
top-wasit-tail(mm) : 128-102-122