18-19シーズン

今回の雪は流石に思ったよりは積もらなかったものの晴れてこないのが救い。
1本目の黒菱は様子見でまたスカイラインへ向かいます。

昨日は30cmくらいのパウダーを滑っているかと錯覚するほどの好コンディション。
それがあるから期待値上げ過ぎ、春ということを忘れ突っ込んでいくと、これはむずいぞ!
日が当たっていないから雪の緩みはそこそこだろうと思っていたが気温はそれなりに高く、雪は湿って沈み気味。
積雪としては昨日よりもあるけど板が浮いて走る走る。
だけど重たいから気を抜くと引っ掛けて大爆発するやつで、急ブレーキは事故の元。
滑り方に慣れてくるとあとはもう繰り返すだけ、久しぶりにゆっくり滑れたので時間いっぱいスカイライン満喫してきました。

来週からは気温が上がり、本格的に春スキーになりそうで
春の夢もいよいよ終わりか。

18-19シーズン

昨日は吹き溜まり、今日はフレッシュパウダー。
まずは昨日よかった黒菱には15cmくらい積もっています。
迷わずファットを持ってきて大正解。
コブはないけど昨日の雪がどれだけ硬くなっているかがポイント。
滑ってみると思ったとおりに強風リセットだったところは面ツル、
中盤からは下地がガタガタしてきますがまぁまぁ滑れる雪、悪くない。

強風リセットがいいならスカイラインは?
いつものルーティンで滑るとどこも極上の面ツル!
山側からのノースフェイスの下地は風ですっかり真っ平ら、その上に10-15cm程の新雪が積もり最高に気持がいいです。
多少ガスって視界が悪い時から滑っていましたが何もないとわかれば大きくターンして。
最下部の急斜面でさえも障害物なしに滑り落としていけます。
下地の雪はザラメが固まりかけのシャーベットのようでガリガリすることは全くなし。
エッジがしっかりかかっている上で、面で滑っている感覚もはっきりと。
サラサラした雪だけど、人のトラックを横切る時にバフっと伝わる音と振動から思うに板にはそれなりの抵抗があります。
下地の雪との結着が悪く、滑るとすぐに新雪が剥げてしまうけど今日は一日雪予報。
これって明日はまたパウダーになるんじゃないかな!?
なんて4月なんだ。

18-19シーズン

積もるかも、と思っていたらやっぱり積もる。
今年の春は期待を裏切らないですね。
そして降れば滑るべきはオフピステ。

上部は強風でいくつかのリフトは止まっています。
動いた途端に荒らされまくったであろう黒菱には午後になると誰もいない。
手前のトラバース跡が吹き溜まりリセット気味になってきています。
いいとこ3ターンは吹き溜まりを楽しめそう。

黒3の北側には吹き溜まりノートラック。
これをほとんど独り占め。落ち着いてターンを考えてドロップ!
積もった雪は軽いが若干パック気味、潜る板では少しスピードが出にくいけど
その分雪を味わう時間ができます。
中盤からはトラックだらけに雪質も変わって新雪は重く、もさもさは板が取られやすく下手に引っ掛けないよう気をつけます。
昨日滑っているのでコブがないのも確認済み。
心配した強風もなんとかアルペンと黒2が動いていたのでずっとうさ黒回し。
新コース上部の吹き溜まり、中盤から下部のモサモサ、しかもそのモサモサが風で固くなりつつあるから難しく、黒菱は最後直下れば逃げれるけど新コースはしっかり止まらないといけないですからね。
徐々にターンを小さくスピードコントロールして。