18-19シーズン

急に風がでてきた
ゴンドラスタッフにそう告げられスカイライン行きはなくなりました。
ちょっとフリーランしてからのコブの予定は早まり、さっさと始めてしまおう。
何より雪が降ってきたし。

うさぎのコブはあまりよさそうにないので黒菱コブ。
誰も滑っていないラインはこの通りドロ雪が溜まっています。
ターンしなくてもブレーキがかかりそうで吸収のタイミングを思い出すにはいいかもしれませんが、やっぱりパス。
隣のピッチが細かいやつで。
今シーズン初コブを細かいところから始めるって厳しいかと思ったけど
このストップ具合が助けてくれて意外と滑れる?
ちょっとずつスピードを上げてみてこんな感じだったっけと思い出す作業。
春のうちに調子が戻るのか? ちょっと心配になるくらいなんか動きがバラバラだ。

コブ待ち中に軽くストックに体重を預けたらそのまま立ちゴケしちゃいました。
スブブブと埋まる雪はコブでも強くストックを突くとバランスを崩します。
最近のオフピステの滑りにくさの原因はコレ。
コブを滑らないならちょっと幅広の板があるといいですね。

18-19シーズン

今まで平気だなーと思っていたが、ついに来てしまいました、黄砂。
しかもものすごい量で雪は見ての通り茶色く汚れています。

昨日の強風の為か風が当たったところの下地は意外と硬く
板が弾かれ気味だしスピードもでます。
雪は思った程緩んでいないし、硬さの上にあるのは昨夜の雪か?
そんな黒菱真ん中ブッシュ上部を滑り抜けると今度は吹き溜まりのストップ雪ゾーン。
この差が酷い。
幸いアルペンだし、見るからにストップ雪だから耐ストップ姿勢で入るけど前転へ持っていかれそう。
こんな雪ではコケたくないからとにかく踏ん張って耐えます。

向こうの山々が霞んでいるのは雨が降っているからっていうだけじゃなくきっと黄砂。
そしてもちろん向こうから見ればこっちも霞んでいるってこと。
ほんの1時間滑るだけでもなんだか喉がイガイガしてくるし
どうにも気分が上がらない。
ちょっと強く降り出した雨をいい口実にさっと下山です。

18-19シーズン

気温が一気に上がりすっかり春。
この前の雪はブカブカのストップに変わり手強いはずですが
しばらくテレマークしていたおかげかストップ耐性が少しついたかな?
多少のストップが楽しいと思えるように。
もちろん黒菱とか斜度があるところの話ですが。

斜度が緩く更にストップ化しているスカイラインを滑ると
雪のブカブカ具合がわかるでしょうか。
沈むし重いし止まるし、3重苦か!

相変わらずオフピステばかり滑っていますがそろそろコブ仕様にしようかと、今日はその試し滑り。
板ももちろんブーツも古いの出してきてみましたが違和感ないですね。
肝心のコブはまだ雪が本調子じゃないのと黒菱はコブが全くないので来週までお預け。