20-21シーズン,道具のこと

朝は冷え込み日中は眩しい日差し、春の定番の日々です。
おそらく日当たりがいいところは緩みそうじゃないところは硬い最近のパターン。

天気がいいのでとりあえずグラートまで行ってからは今日の目的地黒菱フラットへ。
短い距離でクセがない斜面は単純な確認にはもってこい。
ということで


テレマークの新しいセットアップを検討中です。
ちょうど試乗機を借りることができたので今日はその感触を確かめます。
テレマークはビンディングが変わると乗り味が全然違うのでどれを選ぶのかすごく迷います。
一度気に入ったものを見つければそれをリピートしていればいいのですが
今回はシステムを一新するのでその最初の一手、安い買い物じゃないのでこうして試せるのは助かりました。
若干の調整ができるので少し滑っては設定を変えてみたりしてふむふむと一人ブツブツ言いながら
運良く他のビンディングも試すことができたりして次はいよいよ自分の板に付ける番。

20-21シーズン

ザクザクとガリガリの堺。
今日こそざっくりと緩んだ雪を滑るはずがまだまだ硬いところがあちこちにあり
迂闊にオフピステには滑り込めません。
しかも出かける時になってアルペンブーツのワイヤーバックルが切れ、
テレマークすることになってこのガタガタの硬いのは厳しいです。

頼みのスカイラインもノースフェイスは昨日よりも硬く
日当たり良好のこっち側をすでに荒れている圧雪部分と絡めて滑ります。
春になると林道下の雪が痩せてハイシーズンより落差がついて段差ジャンプの季節。
まだ雪は豊富にあるし木も隠れているので各所で飛びつつ法面を滑り上がり木の周りをぐるっとターンしてまた下る。
立体的に滑れるスカイラインはいつでも遊び場ですね。


20-21シーズン

晴れ予報がどんどん先送りになってガスに包まれたスキー場上部を映すライブカメラをたまにチェックし
なかなかテンションが上がりにくい午前中でしたがゴンドラに乗って上についたらちょうど晴れてくる時。
ナイスなタイミングで上がってきました。

早速グラートまで上がり、少し雲海に近い景色と青空を堪能してから
滑るのはもうちょっと雪が緩んでいるところまで下ります。

午前中は日が当たっていないので昨日の反省も踏まえアルペンで。
様子見で通る黒3北側はそれでもやはり手強いのでちょっと滑るだけにしますが
今週暖かくなればいいコンディションの日が来そうです。

黒菱のフラットは日差しがなくとも圧雪ですでに柔らかい為か圧雪してないかのような荒れ具合。
黒菱三角上部はカリカリ気味なのでサクッと滑ってブッシュ辺りから1本あるコブのライン横までまぁまぁの緩み具合、
若干フィルムクラストに近い浅めのモナカ状は気持ちいいけど焦る時もある。

スカイラインまで下りるとノースフェイスの大斜面はだいぶ緩んで滑り頃になっていて気持ちよく溝を切っていけます。
やっぱり両足で踏めるって強い。
そのまま2段目、3段目と行こうとするとこっちはまだ緩み足りずガタガタしてしまうので
途中からは左側の林道を通ってすっかり緩んだサウスフェイスへ。
ちょっとストップ化してるかな?と思えば緩んでいるのは表面に近いところだけで下地の凸凹は意外と硬く
スッと板が抜けてくる時がターンのし時。