20-21シーズン

おととい降った雪で山がまた真っ白に戻り高いところではまだまだ冬を感じさせる一方
手前に見える斜面の雪解けは早くこれからどんどんと雪が落ちていきそうな感じです。

今日もまた同じところで同じターンを。
下地がいっそう緩みクラスト感がなくなった代わりにザラメ感が増しより柔らかく感じます。
日当たりがよく、雪が緩み始めているところは最高。

標高を下げても日照時間の差でスカイラインノースフェイスの緩みはもうひとつ。
中段なんて全然ガリガリで手強いです。

試しに入ってみたスカイライン下部のツリーの雪が意外とよくて
たぶん風の影響が少なかったせいか柔らかめで滑っている人も少なく快適に滑れます。
ツリーホールが広くなってきており、滑れる隙間は少ないのと
強風の時に折れた枝が通せんぼしていたりと春のBCっぽい雰囲気ありますね。

20-21シーズン

今朝は少し冷え、ハラハラと雪が舞うも空は青く、山には風雲。
午前中は運休していたリフトも午後には動き出しました。
上がってみると風の影響で吹き溜まりと飛ばされているところの差が酷く相当難しそう。

黒菱上部は案の定ガリガリとたまにふかっと吹き溜まり。
吹き溜まりだけ繋げて滑るなんて見るからに無理なので他を探します。

いつものように黒2線下を滑って、リフトから見上げると黒3沿いを気持ちよさそうに滑る人がいて
疑いつつも来てみると上部はやはり風で飛ばされたところが硬く気持ちよさとは程遠い滑りですが
中盤からブッシュ脇は少し風が遮られて吹き溜まりのみになっていました。

このちょっとした片斜のターンが気持ちいい!

黒菱を滑る為にはうさぎを滑る。
あまり期待していなかった新コースはほんとに薄いけど吹き溜まり天国。
下地のザラメはクラスト化して滑るとパリパリ割れていく感触が足から伝わり
ズラしても引っかからない程に平らなので上々のコンディションですね。
なにより久しぶりに滑る新雪は気分が上がります。

20-21シーズン

雲は切れてきたけど午前中は高曇りでひんやり、午後でもまだ日陰が多いゲレンデは緩みも遅い。
最近のルーティンとして黒2線下でフラット練をしながら天気待ち。

日があたってきてからは散歩がてらスカイラインの林道を滑ってフェイスチェック。
もちろんBCのではなくスカイラインノースフェイスを見るのに林道からだと一望できます。

誰も滑っていない面ツルのところはそれなりに滑りやすくなってきましたが
滑った跡やちょっとの凸凹は潰せるところとそうじゃないところがあるので全体を通してスピードは抑えめにいきます。
かといって横滑りしすぎると引っかかるのでいつものように大きくターンはできず、1ターンごとしっかりと回し気味で。

最下部の線下に近いところでは凸凹が少なくザラメ感もあって滑りやすくなってきました。
このところの練習の成果を出すべくここでもぎゅいっとターンしてみます。
道具を変えた違和感はもうほとんどなくなり、これからは今までの滑りを取り込んでいい感じに仕上げていこう。