夏じまい、冬支度

9/12(金)晴れ曇り
夏ふとんを陽に当てて仕舞い、冬用の羽毛ふとんに切り替えました。
部屋の隅におしやられていた扇風機を仕舞い、ストーブを出しました。
除湿機を仕舞い、もうすぐ加湿器を使うようになるでしょう。
冷たい麦茶から暖かいお茶に変わりました。

露霜が降り、朝方屋根からポトポトと音がします。
この時期白馬では秋を通り越して初冬の準備のようです。

雨が多かった今年の夏
曇天からようやく空を高く感じ深みのある青空になりました。

夏の疲れが出るこの頃
皆様お体ご自愛ください。
花日記

 

 


ススキのゆれる道

9/07(日)晴れ曇り
週末、久しぶりに晴れました。
空気は秋らしく燐としています。
さて、白馬三山は、またまた雲の中でみえません。
ススキの穂波が揺れて秋らしい風情です。
DSC00331
しばらくこの青空が続いてくれると嬉しいのですが。
萩の花が垂れ下がって咲いています。
ハギ稲穂も重く垂れ秋は駆け足です。

 


ひまわりの咲かなかった夏

9/06(土)晴れ曇り
ひまわりを植えた庭は惨めでした。
花が開く前にツボミが茶色になってしまったり、太陽に向かって咲かなかったり・・・・・
白馬では日照時間が大変少なかったですね。
稲作でも被害はでていると思います。
収穫が気がかりです。

早々に花壇を片付ける作業開始です。
太陽はありがたいです。
久しぶりに太陽の明るさが朝から続きました。

たちまちに蝶が飛び交い賑やかになりました。
予報では9月も雨や曇りの日が多いということです。
青空がほしい!!


八方尾根、初秋

9/02(火)八方尾根は曇り
晴れを期待して八方尾根へ
リフト線下はシモツケソウの花からウメバチソウの花にかわり足元に一面白い小花が
咲いています。
この時期、秋の花達にも会えるし、夏の花達にもあえて楽しみが増します。
尾根道は雲の中でしたが、涼しくて楽しい山歩きでした。

花日記へ

なんといってもマツムシソウの淡い色
マツムシ

トリカブトの濃い紫

トリカアブト

タムラ

ダケカンバの林は霧の中
下り八方池、ほんの僅か晴れ間が

シラカバ


夏も終わり・・・・・

8/31(日)曇り時々小雨
瞬く間に肌寒く秋は突然きたようです。
世界中あちらこちらで異常気象が現れているようです。
日照時間が少なく雨の多かった今年の夏
カラッと晴れる日はほとんどなくて、この頃日の短さに驚きます。

曇った日は朝も薄暗くて夕方も早く、このまま冬のような薄暗さになってしまうのでは・・・
と心細く感じます。
白馬Alps花三昧も今日で終わりました。
遠くからいらしたお客様、そして何回も何回も来て頂いたお客様
本当に有難うございました。

八方尾根はこれから秋に向け急速に下っていきます。
でも、まだ秋の花達が咲いています。
ぜひお出かけください。お待ちしております。

家の周りの花達楚々と咲いています。
花日記

 


白馬の大自然を風で感じて、白馬八方尾根の 変化をつづって見たいとおもいます。