雪は魔物

12/22(月)雪だるま3雪だるま3雪だるま3雪だるま3雪だるま3
今日の八方尾根http://kamoshika.jp/loveskiing/
午前中で上がると思っていた雪降が、まさかの大雪で、ぐんぐん嵩を増して
又々屋根にどっさり積もってしまいました。
除雪中に雪の下敷きになって命を落としたり、除雪機で怪我をしたり
雪は魔物です。
玄関前を何回も除雪して入り口を確保しています。
坂道で車が動けなくなって何台も止まっています。
さてさて、雪はまだ降り止まず。。。。。。。。
DSC01213

DSC01212
今の雪はとても軽くてパウダースノーです。
お客様も良かった~~~と言って帰りです。
昨夜(1時過ぎ)地震が来ました。震度3です。
熟睡時間帯に大きな揺れに目が覚めました。
何事も無く過ぎてほしい今夜です。


気温が上がって

12/21(日)雪だるま1
きょうの八方尾根http://kamoshika.jp/loveskiing/
急に気温が上がって屋根雪がドドーーーンとおちています。
その音、揺れはちょうど一ヶ月前の長野県北部地震の恐怖を思い出し
反応して体がこわばってしまいます。
音に対してはすごく敏感になってしまいました。
巷ではクリスマスソングに、サンタクロースに浮かれていますが
毎日の雪との戦いにいささか疲れて、また正月に向けての準備に追われ
クリスマスどころではありません。
私、どうもひねくれていますね。反省です。

bdxmas7


太陽バンザイ!!

12-19(金)晴れ
今日の八方尾根http://kamoshika.jp/loveskiing/
大雪、強風、交通渋滞、停電、冠水 などなど・・・・

そして死者まで出して荒れ狂った今度の寒波。
大きな災害をもたらした冬の嵐が去って、今日は朝からいいお天気。
DSC01200

DSC01202

DSC01204

太陽の力は予想以上に力強く、今朝まで凍りついた空気を和らげ
魔物のような雪はすっかり精彩さをなくし、太陽の力でたら~~と砕け始めました。
あちこちで除雪機が稼働し、屋根雪おろしの人たちをたくさん見かけます。
ほっと一息です。

お客様に沢山のお花を頂きました。
ストック、ラナンキュラス
花の香りが漂っていい気分です。嬉しかったです。

DSC01208

さてさて、このお天気はいつまで続いてくれるのでしょうね。
この幸せ気分をもう少し味わいたいです。
気持ち的にもゆとりが出来て、ようやく年賀はがきの制作にとりかかりました。

今日で初滑り割引が終わってゲレンデではいよいよ本格的なスキーシーズンに
突入です。今日があまりにいいお天気だったので、お客さまも目一杯滑りまくり
夕食後、もう就寝時間に入ったようです。
おやすみなさい・・・・
明日も穏やかでありますように。


雲が動いて

12/18(木)雪だるま1
今日の八方尾根http://kamoshika.jp/loveskiing/
ふ~~~又々朝いち除雪でした。朝6時ころから
国道は除雪車が夜中の2時ころから作業をしています。
DSC01175

まれに経験する前倒しの寒波と大雪
もう家の玄関前も・・・
DSC01178
人が通れる通路を確保して
昨夜は夜中に風の音(強風)で目が覚めました。
朝、軒下まで雪は吹き込んでいました。
DSC01176

午後、雲が動いて青空が、みんな顔にほっとした表情が見えます。
DSC01194

DSC01196

夕方ほっとしたのもつかの間
又、雲が動いて雪降になっています。

除雪はいつまでつずくのでしょう・・・・・・・
DSC01181

トラブルもありました。
停電です。生活が便利ということは、電気製品に頼りきっているということ・・・・
暖房機器がとまり、水を汲み上げることもできなくなり・・・・
パソコンが不具合になり・・・・もろもろ・・・
そんなこんなで疲れきってしまいました。
明日は青空がほしい。。。。。。切に願います。

 

 


降る、除雪、積もる、除雪、降り続く雪

12/17(水)雪だるま3
今日の八方尾根http://kamoshika.jp/loveskiing/
超強い冬型の天気図、その通り昨日からず~~~と降り続いています。
午後、雪降の中ベランダの除雪
小型の除雪機が埋まっていました。
雪の中除雪をしていると、喉がカラカラに乾きます。
私のお肌もカラカラなのでしょう。お手入れする時間もなく年末を迎えそうです。
DSC01172

荒れ狂う北海道の海の様子、岐阜県で車が70台も立ち往生しているニュース
などなど・・・・
道路は路肩がわからなくて、のろのろ運転です。
ゲレンデも荒れている模様です。
DSC01174
降っても降ってもまだ降り止まず、明日まで続くようです。
なにごともなくこの大寒波が通りすぎてくれることを願うばかりです。

 


白馬の大自然を風で感じて、白馬八方尾根の 変化をつづって見たいとおもいます。