ポッピンパウダー

強風は予想通りにリフトを止め、午前中の人は上部のパウダーお預け状態。
昼前にゴンドラが動き出してしばらくしてアルペンも動き出したようですが
午後一のつもりが出遅れパウダーはもうすでに食い散らかされてしまった後でした。

アルペンから見た黒菱上部にまだノートラックが1ターン分残っていたのでまずはそこから。

滑り出してすぐに感じるのは強風でパックされた密度いっぱいの雪。
これすごくスピード出るやつ。
目当ての1ターン目はすぐに横に切ってスピードを抑えつつ
散々滑り散らかされた雪へ突入すると案の定沈まず
だけど雪溜まりに刺さったらパックされた抵抗に急に足を掴まれるので
真ん中に乗りたいけど後ろ気味、たまに暴走、な滑り。ヒヤヒヤします。

続いてうさぎ
面ツルは間違いなく最高だったであろうパウダー
もともと人が少ないのか、もう滑り飽きたのか
あまり人がいないのをいいことに一気にいきます。
ある程度スピードをだして罠のような穴をなるべく回避しながら
ちょうどいい雪溜まりでは抵抗を楽しみつつ減速。
スピードが出てくるとちょっとの抵抗にこっちでもヒヤヒヤ。

久しぶりの除雪に連日のパウダーにと満喫中。
明日はどう滑ろうか。