22-23シーズン

昨夜からの降雪は麓で25cm
朝になり少し勢いが収まるものの日中にかけ降る雪の密度は上がる。
待ち望んだ日が来た。

滑り始めは視界良好!風もなく穏やか。
下地のぼこぼこが気になる1本目
状況がわかってくる2本目
体の調子が上がってくる3本目

週末にできたコブにしっかりと積もり
その起伏がまるで連続マッシュに見える僕は、白い粉にあてられ幻覚を見ているのか。

その後徐々に風が強くなりだしたと思えばすぐに嵐へと変貌し
黒菱上部では立っていられない程の強風と
一緒にリフトを降りたはずの友達の姿さえ見えないホワイトアウト。
流石にここまで強風になると一歩間違えば遭難もありえる。
雪は降り続き、滑った跡も風でリセットされていく
なんとも最高なパウダーの日。

22-23シーズン

寒さは一段落
それでも十分寒いのですが滑っていても寒すぎないし
雪には少し湿り気からくる重さを感じます。
ここ数日が寒過ぎサラサラ過ぎ。

昨日の雪は一旦止んでいましたがその後また降り出して上部はパウダー祭りでしょうか。
強風の影響を受けた日の鬱憤を晴らすかのように滑ったのか
思ったよりも午後には雪が残っていない様子。

そんなことはいつものことなので、いい感じに荒らされたパウダーを
競争相手なしで蹴散らしていきます。
去年とは明らかに客層が変わってこんなところまで滑らなくてもいいのに
と思うところもことごとく滑られていて午後のスキーヤーには少し厳しい。
甘えんなってことですかね。
急な減速ポイントとしての残された雪がなく
ズラせるところは積極的にズラしてターンをコントロール。
スピードが出ている時のスライドターンは気持ちいいもんです。

使用スキー
181cm
キャンバーロッカー
top-waist-tail(mm) : 139-119-129

22-23シーズン

10年に一度の強烈寒波
そのせいで昨日は強風運休だった上部。
強風の時は積雪量が読めない八方なので多くても少なくてもいける板をチョイス。
上がってみると・・・もう1サイズ細いのでもよかったかも?

アルペン線下を滑ってみると蹴散らされた雪は雪溜まりではなくコブになりかけていて
そこへ当て込むだけに頼ったスピードコントロールでは厳しい。
広めのところを見つけてはズラして行くのが合ってます。
ここにはもうパウダー的なものは残っておらず、パウダー後のオフピステ。
いやもちろんそれは大好物ではあるけど。

もう少し雪を求めて黒3線下から北側。
特にブッシュ際には吹き溜まっていると思って途中からは右ターンに全集中。
アルペン線下ほどボコボコになっておらず雪も少し多め、いい感じです。

強風後であまり期待しなかったスカイラインは
15cm程積もっているものの下地はだいたい硬い。
硬いけれども押し出す雪は少しあるので十分に楽しめます。
ちょっと飛んだりすると着地の衝撃が思いの外強いことを除けば。

使用スキー
176cm
キャンバーロッカー
top-waist-tail(mm) : 135-108-127