18-19シーズン

ゲレンデパウダーを楽しんだ翌日は山へ。
前回でもう最後と思ったBCにももう一度チャンスが訪れ
しかも雪質は前回以上にいいってどういうこと!?

太陽が高く、雪がダメになるのが早い春ですが
午後でも陽射しが届くのは撮影にはもってこい。
ダメかと思われた雪は最高によく、3月とは思えないスプレーが毎ターン上がっているのが滑っていてもわかります。

雪が降って、天気が良くてBC大人気の日ではりますが
またしても運良くノートラックを当てみんな大満足。

雪はふんわり乗っているだけで急斜面なんかではスラフが落ちるし底当たりもあって油断はできないけど気持ちいいターンがいくつも。

18-19シーズン

朝は綺麗に晴れていて今日は最高の日か!と思ったのもつかの間
昼前にはすっかり高曇りで白馬三山の稜線の境も曖昧に見えてしまって
雪面はもちろん見にくいフラットライト。
日差しが出た時がドロップのタイミング。
この恵みの雪で生き返った山へ行ってきました。

あの雲から太陽が出たらスタート!
後ろから他パーティが来ているしいつもよりも急いで行動します。

強風後だし春だし雪が心配でしたが
意外と気温が上がらずなかなかいい雪とノートラックを当てて満足。
下には硬い層が埋まっていてたまに底にコツコツと当たるたびにヒヤッとすることもあるけど
ストップでもない、クラストでもないいい雪です。


ボトムまで下りてくるとドーザーで押して除雪したかのようなデブリ跡。
雪の量がものすごい。
3月にようやく川まで届く大きい雪崩だったようですが
さすがに川は埋まらずにじゃぶじゃぶして無事帰還。
早々に曇ってきたおかげもありいい雪を滑れました。
もうこれで今シーズンは最後でしょうか。

18-19シーズン

天気的に直近では最後
雪は降っていないけど風は吹いたし天気は最高だしで
気温が上がってきているのが気がかりだけど行ってみることに。
しかし話には聞いていたけどトラックの多いこと多いこと。
その中からなるべくトラックが少なくて、かつ雪がいいところを打ち合わせ。

ちょっとパック気味に少しだけ開けた斜面を見つけては1,2ターン。
前半は移動と思って写真もほとんどなし。

雪を求めてトラバース。
風あたりがいいところはカリッカリで滑落の危機すら感じます。
怖いところはササッといくべし。

左右のどこに硬いところがあるか戦々恐々ながら真ん中は極上!

日が長くなってきて午後からでも日差しがあるところが増えてきました。
その分雪の緩みが早いのだけど今日の上部ではいいところを当て
アルペンで行ったということが大きいけど、ずっと難しいBC続きだったところに一区切り。

「最後減速ね!」
そんな指示がなかったら吹っ飛んでたライン。
ボトムまでずっと雪がいいから知らなかったらそのまま突っ込んで爆死のところ
気持ちよーく3ターン、そこから徐々に減速でボトムへ。
まさかの硬い氷むき出し。
いい雪だと調子乗るパターンはやはり危ない。