21-22シーズン

3月に入るとバックカントリーのチャンスは減ってきますが
週末に降った雪がまだ生きているということで、誘われたら二つ返事でOK
若干フラットライトのようにも見えますがとりあえずいつものところまで登る。

当初狙っていた斜面は、いつもは人があまり入らないところなのに何本か滑った跡と
数人でつけたトラバースラインがあり滑ってももったいないだろうと斜面変更。
こちらも数本のトラックはあるが避けて滑れるくらいなのでよしとして
そう言えば初めて滑る斜面だと気づく。

八方BCではだいたい行くところが決まっているので
初めての斜面となるとピリッと緊張。
雪は悪くなさそうなので先行者のトラックには気をつけて行こう。

ちょっとパック気味だけど引っ掛かりは少なく気持ちのいい抵抗感。
後半狭まってくるところでやはりライン取りに迷ってしまったけど
交差は少なめにしてノートラックを堪能。

風の影響は酷くなく、割と均一な雪質。
パックで上がるスプレーは控えめだけど
粒の細かさはまだまだいい雪の証拠。

一度黄砂が降ったのは降雪中だったこともあり表面上は真っ白なまま。
ついこの前までパウダーばかり滑っていたのに、あっという間に春が来そうな感じがします。

使用スキー
177cm
キャンバーロッカー
top-wasit-tail(mm) : 128-102-122

21-22シーズン

絶好のBC日和か!と企んでいてもいつもの強風八方。
昨日ゲレンデから見ていても風の影響がわかるほどにはあったので
覚悟はしていましたが、結論からいうと吹き溜まりほぼなしの気が抜けないパックでした。

そんなに硬くないうろこ状、硬さが読めないとエッジが外れる不安や
板が弾かれるしできれば滑りたくないところ。

滑った後だとそんなに悪くないと思える雪は
滑っている最中だといつ雪質、量が変わるかわからないので足探り。
その方が調子に乗りすぎず慎重に滑るから良いと言えば良いか。

そして一番風の影響がなさそうな、画にならない真ん中を滑る。

どこか下の方では雪が溜まっていそうなのに
最後のボトムまで強風うっすら吹き溜まり、ところによりパック
テレマークには特に気を抜けないコンディションとなりました。

先日ついにスノーシューが壊れ、当面バックカントリーへはテレマーク縛りとなったので
どんな雪でも滑る覚悟を決めねば。

使用スキー
177cm
キャンバーロッカー
top-wasit-tail(mm) : 128-102-122

21-22シーズン

南岸低気圧の雪は白馬にはあまり積もらない。
連休中のトラックがうっすら残るなか、天気がよくなってきたので山へでかけます。

風もあまり吹かなかったようでリセットならず、
しかし積もった雪は恐ろしくサラサラでこれぞChampagne powder
スピード出さなくてもスプレーの爆発がすごい。
リセットするほどの降雪がないので下地をかなり感じますが
こんな雪を滑ることはなかなかなく、滑っていて戸惑いながら最高の雪質を堪能。

スプレーの透け感

抵抗もなく舞い上がる

降りたてで雪は軽く、斜度が急になるとスラフが簡単に落ちていき
滑っていても止まる時には気にするし、移動時はもちろん下に人がいないように。
量は少なくても足が掬われそのまま滑落ってこともありえます。

落ちてすぐのスラフは柔らかく、意外と滑りやすかったりして

今年は雪が多いわりには(多いから?)あちこちでクラックが目立ちます。
そんなに暖かい日があったわけもなくまだ雨も降っていないというのに。

使用スキー
177cm
キャンバーロッカー
top-wasit-tail(mm) : 128-102-122