21-22シーズン

やはり風が吹きましたね。
朝一は上部リフト、ゴンドラが運休していましたが昼前にはゴンドラが運転開始し
それならばと気合を入れて上がってみます。
(白樺だけだったらテレマークでもしようかなとぼんやり考えていました)

麓では60cmくらい積もっていますが上部の雪は風の影響や沈降したようで
サラサラだけど密度を感じる雪です。
これが本州のパウダーか。
こっちの方が浮力が得られて僕は好きなんですけどね。

リーゼンを1本滑り、斜度の物足りなさと脇のブッシュの多さに見切りをつけセントラルをゴンドラで回す。
パノラマフラットに積もり始めた雪を高速で蹴散らし
急になるあたりから右側オフピステ、セントラルへは右へ右へ行かないと最後ラッセル地獄になるので
高度があるうちに右方向に向かうように。

セントラルはかなりぼっこぼこに荒れていますが
雪溜まりに当て込むようターンを合わせて減速要素として使います。
白樺に降りてきても非圧雪があるので最後までパウダー。

マイルドなパウダーからボコボコへと1本でももはパンパンだが満足度は高い。
全然スピードを出せない昨日の雪とは違い、ハイスピードで楽しめるパウダー。
結局上部リフトは動かずせっかくのパウダーは風の影響でなくなってしまうのか。

21-22シーズン

何も見えない?
まぁまぁ見えているんです。黒菱です。
降り出しが遅かった雪ですがまたしても積もるのが早くすでに30cmはありそうな勢い。
しかし昨日の爆風後で下地はガリガリ、降っている雪はサラサラなので積もっても積もっても底当たるところは底当たる。
これは慎重に滑るところを決めないといけません。

うさぎペア線下に見えるのはカチカチの凸凹ではなく許容範囲のうねり。
あの支柱手前で左側ブッシュを抜けて滑るとほぼメンツルのパウダーばかり。
しかしメンツルと言っても降りたての雪で軽すぎると浮遊感があまりなくパウダーの中を泳ぐ感じ。
北海道のパウダーってこんなかな?

雪は十分積もっていても底当たりするかもしれないと思って滑りが恐る恐るになっていたのですが
まさかのおむすびが当たりが弱く凸凹もなく最高のコンディション!
しかも午後に滑っているのが僕だけなんじゃないか、毎回滑るところを変えて毎回ノートラック。
そして1本ごとに深くなっていく。
ここでもやはり浮遊感はなくフェイスショットの連続
それを繰り返しているからゴーグル周りが凍ってしまい、度々復活させてはまた挑む。
数年に一度僕が出会うかどうかのすごいコンディションでした。

おむすびが閉まるまで繰り返し、残りはゲレンデを滑るも
どこを滑っても40cm以上は雪が積もり斜度が緩いと全くターンできない状態でした。
恐ろしい積もり方で風が吹かなければ明日はさらにすごいことになりそうです。
風が吹かなければ。

21-22シーズン

冷たい風に小雪舞う。
今朝は強風だったもののすぐに上部リフトは動き出したようだし
昨夜の雪が吹き溜まっていそう。

アルペンを降りて見上げると面ツルと風で雪が剥げたところがはっきりわかれたグラートが目に入った。
端っこの方でパトロールが降りてくる、リフト乗り場へ視線を移すとリフトマンがおいでおいでと手招きをした。
僕よりも先に見上げていた人を追い越し1st chairをかっさらった。

きっと1stトラック狙いではなかったのだろう、後ろから追いかけて来るようなこともなく
ゆっくりとさっき見上げた斜面を見下ろす。

狙い通りのど真ん中。
モナカではないパックで、沈んだ板はとられやすくスピードもあまりでないが
BCへ行くとよくあるコンディション、むずいけどアタリなやつ。

続いて2本目。
パウダー狙いの人は少なくみんな正面ばかりを滑って行くので左へ移動してからこの吹き溜まり。

滑る距離は正面より短くなってしまうけどこれまた最高。
しっかり2本ノートラックを頂いてからはさらに左に逃げて1ターンの気持ちよさにかける。
パックされた雪は少し荒れて来た頃が難しくなるので美味しいところだけ滑って次なる雪を求めて。

裏黒からちまちまとブッシュを縫って柔らかい吹き溜まりを滑り

スカイラインではところにより30cmのフカフカ

そして先シーズン同様午後でもノートラックが楽しめるツリーラン

平日リフトが動かない白樺は夕方でも綺麗なままで
フレッシュづくしの落ち着いたスキー日和でした。