20-21シーズン

週末は冷えて滑る人が少なかったのかスカイラインのオフピステはつるっと平坦。
しかし全体的に汚れていてストップ雪です。
久しぶりに滑るので1本めは雪チェックしながらいきます。
大きく地面がでているところなどはポールが立っていますが薄くなっているところ、石がでているところがあるのでこの時期は滑る前にまず下見。
あとはリフトからもよく見て危ないところには近づかないように。

山側の方もまだ雪はしっかりあり下まで続いています。
春特有の下までびっしりコブなのでこちらも滑る前に下見しないと溝に土がでてくるところもあるでしょう。

ひとしきりフリーランをしたらコブも少々。
深かったり間延びしていたりと疲れるものばかりですが
芯まで少し緩んでいるのでミスっても板が走りすぎることないのがいいですね。
あんまり上達のイメージがないのでとりあえず筋トレと思って繰り返す日々。

先シーズン最後にコブで試そうとしていたことがあったみたいだけどすっかり忘れてしまいました。
いったい何に気づいたのか。
今年はパウダーとかいい雪の時が多く、滑りに集中したのはわずかだったような気がします。
早めに思い出さないと今年も上達しないまま先送りになってしまう。

20-21シーズン

天気悪くなってきたと思えばなんと雪が降っています。
油断して薄着し過ぎてひんやりどころか寒いのでさっさとあったまるようにコブ多めで。

昨日と同じく黒菱はオフピステ、うさぎはコブのルーティンなんですが
黒菱はより板が走るコンディションですが凸凹が主張してくるようになって少しむずくなってきました。
それにスピードに乗るので風を切って滑ると寒い。
リフトでも風に吹かれて寒い。

フラットライトで少し見づらく、ちょっと芯が固くなったようなコブでこちらも板が走る。
気後れするとポジションも後傾になりがちなので気合を入れたいところですが
コブを滑りはじめてそろそろ疲れが溜まってくる頃、こんな日はほどほどにしておきます。

20-21シーズン

さて今日は気分を変えて黒3沿いのオフピステを絡めて明るいうちからのコブ。
オフピステは引き続きよく板が走るコンディションで表面は薄くフィルムクラスト気味で最高。
どこかにあるかもしれないストップや板が沈むことを警戒しすぎるとたまに出てくるコブでやられることになるので
ライン取りとターンの調整には気をつけ、急斜面からのドロップで一気にトップスピードになってからボトムまではあっという間。
コブが少ないのでリフトの両脇全部使えます。

黒菱をフリーランしちゃったらコブはうさぎということに。
気に入った並びのところが少なく文句をいいつつ、短いスパンで止まってはライン変え。
コブばかりだと疲れるのでラインの間でのどこでもターンもルーティンに加えます。
雪はザブザブ過ぎないので足をとられることが少ないのでできるだけターンを多くしたいのですが
ハイシーズンにはターンを少なく、大きくとやっていたからリズムに慣れないしそもそも筋肉が足りない・・・。

気温的には十分暑いのですが気持ち良い風が吹き、結構頑張って滑ってもオーバーヒートまでいかない
春スキーのいいとこ取りをしたようなコンディションでした。