22-23シーズン

数日暖かい日に雨が降りゲレンデコンディションは一変。
そこから冷え込み始めたので順当にカチカチになり
黒菱のオフピステには10cm程の新雪があるものの、下地の硬い凸凹に板を引っ掛けないうちに撤退。
積もっている雪はサラサラでいいのに。

うっすらの凸凹でさえ滑りづらい。
もちろんゆっくり滑ればどうってことはありませんが
ちょっとスピードが出てくるとすぐ難しくなる。
逆にアイシーな圧雪は荒れにくく、エッジの手入れがしっかりしていればいい状態です。
僕の板はといえばエッジが抜けそうで抜けないギリギリな感じで
安心して滑れるわけじゃないけど信じて乗れば意外と頼れるくらい。
斜度が緩ければ楽勝。

どうせ硬くてむずいならとうさぎペア線下もありかもしれない。
雪が張り付いた木々の間を滑っていく、といえば聞こえはいいが
滑りが難しくそれどころじゃない。

しっかり雪が積もるまではしばらくフラット練かのんびり滑ることになりそうです。

使用スキー
182cm
キャンバーロッカー
top-waist-tail(mm) : 128-96-119