滑りじゃない何か

山梨県北杜市にある石空川渓谷
「いしうとろがわ」と読むそうだ。
近くにはサントリーの白州蒸留所があるくらいだから水がすごく綺麗。

石積みの堤防ってあんまり見たことないな。

森へ一歩踏み入れると岐阜あたりのとは雰囲気が違い、苔苔しい。
八ヶ岳近辺はどこも苔の森。

水辺を歩ける渓谷は涼しく気持ちがいい。
疲れてなくても一休み。

途中には立派な橋やありえない急階段、石に直接打ち込んであるハンドルなどがあり
険しいけど歩けるように整備されています。
このあと奥行きが狭い階段でスネを打つので注意。

写真奥:精進ヶ滝 写真手前:九段の滝
九段の滝

最奥の展望台からは滝百選の1つ精進ヶ滝と九段の滝を一望できます。

滑りじゃない何か

長野県の木曽あたりと岐阜の南は山深く渓谷が多い。
このあたりの渓谷を探してはピンを打ち、梅雨前の一時、新緑の頃に訪れる。

岐阜県の渓谷は整備されているところが多く、ここも駐車場からの遊歩道が石段で整備され歩きやすい。

遊歩道に沿って流れる用水路も人工的だけど季節の色を映して、この時期は新緑が瑞々しい。

渓谷には必ずある吊橋、ここで初めて付知峡の深さを目の当たりにして写真を撮るも
僕が見た他の写真同様に深さが伝わらない。

滝が見える方へ続く道は渓谷の深さに合わせて立体的でダンジョン感がある。

昼頃に日が差し込む深い渓谷、そこに流れ落ちる「観音滝」
ダンジョンの最奥と言っても駐車場からはすぐ。

位置的に身を乗り出さないと見えない「不動滝」

登山・トレッキング

紅葉週間を過ぎても標高の低いところはまだまだ。
そこで近くて紅葉がよさそうなところを挙げていくとだいたい出てくる高瀬渓谷。
その上流には湯俣温泉という歩いてしか行けない秘湯がある。
渓谷といえば昼夜の寒暖差があるおかげで紅葉が綺麗になるそうだし
山奥の温泉にも入れるおまけ付きなら行くしかあるまい。
たとえそれが長く遠くとも。

大町の七倉ダムからタクシー使って一気に高瀬ダムへ。
ダムマニアも喜ぶ日本一高いロックフィルダムの観光はまたにするとして
ジグザグを一気に登って先を急ぎます。

何かが待っていそうな入り口を今回はパスして別の入り口へ。

こちらもトンネルスタート。
往復20kmくらいの長い道のりはこの一歩から。

トンネル抜けてもしばらくはエメラルドグリーンのダム湖と
対岸の紅葉を楽しみながら、平坦な道を気持ち足早に。

最初の5kmくらいは車が通れる道路をひたすら歩く。
登山道っぽくなってもやはり平坦、歩きやすい。

フカフカ落葉道とか

日があたって黄金に輝くカラマツとか
紅葉にはちょっと早めかと思っていたけどなかなかにいいじゃない。

整備されていた道も晴嵐荘付近では登山道が崩れ

その晴嵐荘へ行く吊橋も流されて堕ちたあと。
幸い噴湯丘への登山道はこの吊橋を渡らないで行けるんだけど
その先も崩れている箇所が多く、河原をなんとなく進んで行き

今にも落ちそうな吊橋を渡って

あとは道なき河原を行くだけ。

硫黄の臭いが濃くなってきて、ここまで来るともうそのへんの水たまりがあったかい。
ここは温泉がそのへんからてきとうに湧いてます!

そして目的地の噴湯丘!
の対岸へたどり着く。
渡渉?ムリムリ。確実に流されそうな水量を前にして渡ることなんて考えず
手頃なお湯溜まりを探して足湯につかる。
湧き出る最高にフレッシュな温泉はすごく熱く
川の水と合わせて適温を探すんだけど、なかなかここだ!というのが難しい。
つま先熱くてかかと冷たい、とかそんな感じ。
ご飯を食べていると谷を吹き抜ける風が冷たく強くなってきて
帰りの天気の心配があったからまた足早に下山開始。
休んでいる間に少し冷えた体だけど足元はポカポカ。

ずっと向かい風を受けながら、悪くなるどころか逆に晴れてきた帰り道。
そしてまた同じ時間をかけて戻る。
北アルプスの山奥の川なのに、いったいどこの清流かってくらい平ら。