20-21シーズン

恒例となった春の1DAYツアー
今年の行き先はシャルマン火打スキー場トップからアクセスする放山からの笹倉温泉へ下山。
ルートはツアー史上最短、標高差も少なくコースタイムも短いお手軽ピクニック。
もちろん下山後は温泉入って帰ってくる満喫ルート!

のはずでしたが、笹倉温泉はちょうど休館だと気づいたのが前日。
そして今年の雪解けの早さから下山コースを心配していましたが、当日温泉まで車を回して
おそらくあのへん滑ってくるだろう山の雪を見てあまりにも雪が無さそうでルートを知らない僕らは安全策としてシャルマンへ戻る行程へと変更。
車を回そうとした分無駄に時間を消費したのですがこうなれば当初よりも時間の余裕ができ、お手軽ピクニックツアーとなりました。

ほどよい間隔のツリーを歩き

わりとすぐに稜線へと出る

そしてこの眺望。
なんともお手軽で最高の景色が目の前に広がるのだろう。
この後はずっと稜線歩きでこの景色を見ながら山頂らしくない山頂を目指す。

雪庇になっているかもしれないし、手前で割れはじめているところは近寄らず、それでもギリギリを歩く。
急登という急登もなく、シールも十分効いてゆっくりながらもサクサク登ります。

眼下に広がる斜面はそれはそれはよさそうみ見えるけど、下りすぎると大きなクラックがあるし
もちろんその先も滑っていけるような雪じゃなく滑った分登り返しだよねと話していたところに他パーティは滑っていくところ。
歩きながら様子を見ているとやはり登り返してくるようでした。

すっかりピクニック気分の僕らは景色を堪能しながら全層雪崩怖い!登り返ししんどい!と滑らない理由を話しては
適当な場所でお昼を食べて来た道を戻ることに。

今日もまだ残る黄砂の影響でストップ地獄を覚悟していましたが
雪はしっとり柔らかく、よく走るとは言えないものの数ターンは気持ちよく
あとはツリーランを細切れに移動しながら下りていったらあっという間にゲレンデに戻りました。
バックカントリーとしてはおすすめしにくいのですが、眺望は最高で春のまったりツアーにはおすすめのシャルマン火打からの放山。

19-20シーズン

雪不足で今年の春の1dayツアーの行き先を悩んでいて
白馬乗鞍の北斜面に決まったところで二日前から前日にかけて雪。
しかも重たく湿った雪が積り、予定していた斜面はちょっと怖い・・・
ということで急遽行き先を変更して小谷の大渚山へと行ってきました。
今回は山田温泉よりも手前の大草連(おおぞうれ)からアクセスです。

しばらく林道を道なりに行った後は尾根に取り付き山頂を目指す。
ブナ林を歩きながら丁度いい間隔で滑りやすそうとか考えたりしながら疲れを紛らわしますが
今シーズンは1度もBCへ行っていないので歩きなれておらず股関節に疲労が溜まる。

とはいえツアーBCでは滑りよりも眺望が重要。
途中でたまたま見えた唐松方面、このまま山の上は雲が抜けているといいのだけど。

山頂につくと360度の展望!
なんだけど雲が多くたまにガスったりもしながら全部は一度に楽しめませんでした。
それでもいつもの唐松方面とか予定していた乗鞍の斜面とか雨飾山とかを眺めながら山頂付近をうろちょろしてさぁ滑りの時間です。

昨日来たパーティのトラックはありましたがまだまだノートラックだらけ。
程よい間隔のブナ林もいいけどオープン気味の斜面いっとく?
疲れた足、テレマークでこの湿った重い雪を滑れるのかどうか不安がありましたが
結論から言うと無理でした。
20cmくらいの新雪は水分たっぷりで重いなんてもんじゃない。
ストップ雪だし、重たい20cmは足掴んでくるしでまともにターンなんてできたもんじゃありませんでした。
前転しないよう常にド後傾。ふくらはぎが痛くなるくらいのド後傾。
しかも滑るのは南面で、ちょうどいい斜面は必ずと言っていいほど雪崩れました。
そんなことは出だしでわかったことなので滑りは諦め、雪を落としつつ安全に降りることに。

ちょっと急な斜面ならほぼ間違いなく雪崩れます。
わかっていればカットして落として行くだけ。
デブリが流れていくのを見送りながら落ちる雪がなくなった斜面をしぶしぶ滑って帰ってきました。
重たい雪の雪崩は遅いとはいえ林の中で巻き込まれて木に引っかかれば怪我は免れないでしょうしね。
無事に帰れて何よりだし、景色もそれなりに楽しめ満足です。

18-19シーズン

今年も春の1dayツアーに行くことができました。
予定日は3日間あるもののどの日程も天気が完璧ということはなく
それでも良さそうな初日に行っておこうとなりました。
夕方から雨予報だけどね。
そして日程と共に悩む候補。
行ったことないところ、もう一度行きたいところ、行ってみたいところ。
いくつかあるけどやっぱりこれを回収しておかないといかんでしょ、と唐松岳へ。


この前雪が降って冷えてから気温が上がった日は昨日だけ。
雪が残っていればいいけどやっぱりいつもの強風で飛ばされカリカリに。
これが滑る頃には緩めばいいけどさてさて。

いつもBC行くときの準備ポイントをサクッと過ぎ足早に上へ。
雲が少なく日が当たるけど雪は硬く、奥に見える下の樺過ぎた急登からアイゼンで登ることにしました。
予定では丸山ケルンくらいまでシールで行けると思ったんだけどしょうがない。
板をつけるとズシリ重くなる背中、まだ風が弱いのが救い。

急登を超え、斜度が緩くなってもつけ外しの面倒さからアイゼン継続。
カチカチの雪で安心ではあるけれど。
2361、丸山ケルンとチェックポイントを通過し山頂までの距離を確実に詰めてはきていますが
このあたりから風が強く、雪は相変わらずカリカリで緩む気配はなく
「撤退」またその選択肢が現実味を帯びてきます。
だけどその度にまだ天候は持ちそうだしもう少し様子みながら行こうと前へ。
両の股関節に疲れが溜まっているけど風に煽られないようしっかり爪を立てて。

唐松と不帰がかなり近くなってきました。
尾根道を少し行くともう小屋裏、あのとんがった山頂も近い。
滑る面もよく見えてきたのでどこから入るか具体的になってきました。
どこも雪悪いよね・・・。

あとはあそこを登るだけ。
夏でも意外に辛い小屋から山頂まで。

そしてようやく唐松山頂へ!
いつも好きな五竜側を眺めてほっと一息
なんてしている暇はなく風びゅーびゅーなのでちょっと撮影だけしてすぐにドロップポイントへ移動。
山頂へ来るまでに候補の1つはカリカリ過ぎてスルーしてきました。
となると次はDルンゼ、不帰の3峰と唐松山頂の間。


ドロップまでは準備なり滑落しそうなりですっかり写真撮ってなく
とりあえず少し斜面に入ってから。
新雪はまだ生きているものの5-10cm下が硬い氷、全くエッジが信用ならん。
乗っている雪がスラフで落ちていってしまえば滑落必死、かなり慎重に。
ターン?まさかできるわけない。

見下ろすといい斜度が続いてる、だけどこの雪信用できない。
あちこちに風で剥がされ氷が露出してるところがあり
まずそこに乗ったらアウトでしょ。
見えない氷にいつ足を掬われるかを考えるとかなりビビッた滑りになっちゃいますが安全第一。

恐る恐る下りてきて、文字通り見上げる不帰3峰
一度は来てみるべきと言われた唐松沢に今ようやく到達。雪は最悪だけど。

ここから斜度は緩くなるけどデブリ跡とカリカリに注意しつつ
このでっかい沢をひたすら下っていきます。

斜度は緩く、もはや移動。雲に追いつかれないうちに。

先日の雨の時のものかな。恐ろしいデブリーランドを通って無事下山してきました。
カリカリなのは想定してたけどまさかあんなに酷いと思っておらず
肝心の滑りはほぼ移動手段としてのみ活躍したようなものでした。
もちろん足が疲れているということもあるけれど。
唐松沢はたしかにでかく、見応えあるし何より積雪期しか来れない。
他の人に勧める? 1度は行ってみてもいいんじゃないかな。
「あそこ滑ったことあるよ」そんな自慢ネタが1つできた唐松記念日。