17-18シーズン

ずっと行きたいと思っていた春の鑓温泉BCがついに実現!
今シーズンは雪解けが早く猿倉からの登山道の積雪が心配でしたが
鑓温泉ルートへ進んでから少しのところまで板を担げばあとはシールで登れました。

おとといには山が真っ白になるくらい雪が積もり
標高が高いところでは雪崩れることもあるからちょっと心配でもありましたが
思ったよりも上の方しか積もっておらず鑓温泉までは平気そう。
しかし新雪とはいえ1日経てばすっかりストップ化して滑りには影響が。

何年か前に二股から小日向山へBCへ来た時も苦戦した小日向への登り。
ピーカン予報かと思われたのに怪しい雲が広がってきて
一番しんどいところを暑すぎず登れたのはいいとしてもやっぱりしんどい。

縦溝は直登なら問題ないがジグザグだとちょっと登りにくいし
何より滑りがイマイチ。

思ったよりも遅れ気味に小日向のコル到着。
だいたい股関節がすぐ痛くなるのは普段歩かな過ぎるからか?
鑓温泉が見えるけどここから滑ってまた登りと思うとまだまだ先は長いけど
また青空が出てきてちょっとやる気でる。
ここで滑り出す前に地震にあいますが運良く落石も雪崩も心配ないところで一安心。
どこかから落石の音だけ聞こえます。

ほとんどトラバース気味なしわしわを滑って

あとはここを登るだけ!
見えているけどなかなかたどり着かない。
沢の真ん中まで届くほどじゃない落石や小さい雪崩なんかを眺めつつ
頭の中は温泉に入ることだけ。

これまた運良く前日に有志が掃除してくれたばかり
綺麗な湯船にしっかり浸かってきました。
到着が遅めだったから空いていたのもあり2時間以上も滞在してしまって
帰りがすっかり遅くなっちゃいました。

17-18シーズン

春の1DAYツアーの朝は早く、家を6時に出発。5時起きってまじか。。。
下山場所に車を回して戻ってきて2時間弱
そんなに移動するのは数年前にも行った風吹大池ルート。
今日は歩くよー。

まさか今日も無風に快晴。
なんてツイているんだろう。だけど暑い。

そんな天候だから、やっぱり今日も唐松行けたんじゃない!?
当然そういう話になりますね。
行けたけど今日はこっちを楽しむ。

1時間ちょっとで天狗原へ。
これでほぼ登りは終了で、ここから長ーい尾根移動が始まります。

だいたいあの辺だったかな、と見通し

1つ目の滑りを楽しめそうな斜面ではストップ雪にやられそうになり

いい斜面を見るとすぐ滑れそうだとかそうじゃないとか。

尾根を歩いていくとちょくちょくある雪庇

ストップ雪でなかなか進まないところを一生懸命漕いで

やっと辿り着く風吹大池。
長い長い尾根移動も絶景続きと2回目ということもあってわりとスムーズに。
前回はシールを付けるか迷った短い登りは今回は全てシールを付け
ちょっとめんどくささもあったけどやっぱり断然楽ですね。

さてここからは前と違うルートをとってまだこの尾根を先に進みます。

ずっと見えていた景色はもうすぐ見納め。

そしてドロップポイントを探りつつも
せっかくだからと登るつもりのなかった小さなピークを登っては
その向こうに見える山深さに感動。
この横前倉山の斜面があまりにもよさそうで
次いつ来るか、滑ったらどこに下りるか相談が始まって
だけど遠いからハイシーズンはやっぱり八方という結論に戻る。
春のツアー候補としてはアリだけどね。

何度も付け外しを繰り返したシールもこの平の先を覗いたら最後
あとはほんとに滑るだけとなりツアーも終盤。

狙ったわけじゃないけど滑る斜面はいい間隔のツリーに
雪質はトラバースでもスピードに乗りやすいザラメ。
ここまでストップに苦しめられてくると
この雪も・・・と疑心暗鬼になって消極的なターンしかできなかったけど
もともと滑りに重きを置いていなかった今日の行程で
幸運にも良い斜面、雪を滑れてみんな気分上々。

そして今日も最後は盛大なストップ雪を延々と。
登りよりもももが疲れる下りと平地。
ログを見ると移動距離14km、6時間21分。
長かった。お疲れ様。

16-17シーズン

GWをいい状態で終わり、今シーズンはまだまだ雪があることからどこか行きたい!
と常々話していた1つに乗鞍岳BCがありました。
急な誘いだったけど合わせられた人たちでのんびりハイク。
白馬では見ない開けた視界と山々、最高の天気に恵まれたBCまとめ。

家の周りはもうすっかり初夏の様相
5時前の薄暗さはすぐに明るくなり、まだ眠たい体が徐々に起きてくる。

白馬からは2時間半くらいで乗鞍観光センターまで。
そこから位ヶ原山荘までバスに乗るんだけどその車内の静けさよ。
僕もちょっとの時間だけ睡眠補給。

始発バスは5台、全部がBC目的の人ではないけど登り始めの混雑は見たことがない光景
週末の八方も行列になるっていうからこんな感じなのかな?と。

広々していてどこを登ってもいいけどダケカンバ通りをくぐって

左側に見えるのが乗鞍岳山頂、さて長い登りになります。

山頂に近づくと散り散りになっていた人達がまた収束
シールだと人のトラックの方が歩きやすくて、合流を繰り返していくうちに1本道へ。
タイミング悪く渋滞に嵌ってしまうも横を抜けていく程スピードアップは無理
10歩進んでは立ち止まる繰り返しでちょっとペースダウン。

ゆっくりだったから後ろを振り返る余裕もあり
穂高連峰を見渡して気分をリフレッシュ!

稜線まで来たらピークはあと少し!
風が強いかと思ったけど許容範囲でインサレーションを着ていればのんびり休憩もできました。

そして登頂3026m!
たぶん3000m級としては一番お手軽な場所だよね、登山としてもBCとしても。
登り2時間半で危ないところもなくここまで来れちゃう
滑りもドロップを躊躇するような場所なくどこでもOK
緊張感はないけどピクニック的BCがロングツアーの醍醐味。

見えている岩にさえ気をつければいいくらいの好コンディション
まずは出だしのミニ雪庇でちょっと遊んで。

岩際ターンとか

オープンバーンを自由に

トラバース多めだったけど楽しめた乗鞍岳BC
お疲れ様でした。

そして帰りのバスの時間を確認していない僕らは下りてきて1時間も待つことになったのでした。。。