21-22シーズン

強風で上部リフトが運休していた朝。
昼前から徐々に動き出したので僕のタイミングだと遅すぎてもうすっかり荒れ放題。

大雪後であっても強風パックだということは忘れてはいけない。
リフトで上がりながら様子をうかがいます。

うさぎには日が当たっていたものの黒菱は薄暗くフラットライトで凸凹がわかりません。
写真中央あたり、これだけ雪が降れば埋まりそうなボウル状の地形がまだ残って
そこに滑り込むよう合わせてみると雪はやはりパックで沈みにくく
雪溜まりに当たった時の衝撃に備えるよう常に体を緊張させます。
昨日と同じようにブッシュ下部に回り込むと不規則に荒れた上部とは違い
横切るトラックが多めになり斜度も緩いことから少し落ち着きます。

そのまま日が当たっているうちにとおむすびまで一気降り。
やはりここも荒れ放題。
いつも行くトラバースからの端っこですらけっこう滑られていました。

再び上がると雲の切れ間から山が見える瞬間はありますが

ゲレンデ側は薄暗いまま。
その後は雪が降り出しガスってきてしまいました。
パックパウダーでスピードが出やすくターンもしにくい上に
視界もなくなるとさすがに滑れたものではないので
名残惜しい気もしますが今回の寒波の終わりかけを堪能。
これで数日は落ち着く日が来そうです。