17-18シーズン

放射冷却で激寒の朝を迎え、満を持して2本目BCへ。

上部は難しいパックにカリカリのクラスト
美しく目立つウロコは観賞用です。

しばらく続くパックをなんとか滑り、高度を下げていけばどこかには溜まっているはずの雪を求めて
いつかはいい雪に当たる、でもどこ?

そうして結局腰の入らないアルペンターンばかりを繰り返しボトムまで。
テレマークで行ったのに。
いつかテレマークターンするぞ! と思いながら滑ってもその一歩が前に出ない。
雪の話になると終始苦笑い。

ボトムにはちょっと前の雨だった時のデブリと
昨日くらいのデブリが混じりすごいことに。

おかげで川は濡れずに渡れるようになりましたが
数年八方BCへ来ているけどこんなすごいデブリは見たことないですね。

17-18シーズン

強風ですが動き出したリフトに飛び乗り今日は南面へと。
晴れて日が当たっているし、ウィンドスラブがどれほどあるか。
ドロップポイントで雪庇を落として雪の具合をチェック。
雪は悪くなさそうだけど沢はパスして安全に尾根でいきますか。

帰って写真を振り返るといいスプレーが上がっているんだけど雪はなかなか手強い。
詰まった雪で抵抗が大きくアルペンでさえ板がスッと抜けてきません。
滑っている時はこんなにスプレーが上がっているとは思えず
どっちかというと春の重パウを滑っているような感覚。
スピードは出ないけど沈んで浮いての繰り返しは楽しいけど
雪の抵抗にいつ足が取られるかどうかの緊張も。

高度を下げてくるとブッシュが濃くなってきて
間を縫って滑れてるうちはいいもの最終的には絡まりながらの移動に。

立派な熊棚

天然のゴールアーチをくぐって終了。

17-18シーズン

青空が広がる凍てつく朝、うちの最低気温は-9℃
こんな日にはフリーズドライされた最高のパウダーが山にはあるはず!
というわけで運良く朝からBCへ。
うちが暇すぎるのは問題だが、与えられた幸運は掴んでいく。

集合時には動いていなかったグラートがちょうどよく動き始めたのはよしとして
風か。
なんなら強風リセットしてるんじゃない!? とか冗談を言いながら
まず見えてくる南面には昨日のトラックがはっきりと残っていました。
リセットは望めない、残っているノートラックを探す旅へ。
陽射しも捨てがたいけど朝ではどこもすぐに日陰に入ることから今回は雪重視で。

雪重視とはいえノートラックというだけで雪質は激むずテレマーク殺しのパック。
こんな時に限ってテレマークの順番。
切り替えで引っかかるとこの通り。

むずいながらも高度を下げていくと徐々にいい雪にあたりだしてきても

あやしいところでは無理せずアルペンターン。

光がないと写真がイマイチだけどそれでも撮っとく。
ピントが合いにくくても撮っとく。