手短がさらに短縮

2017年3月30日 at 1:51 PM

晴れ予報にはなったけど崩れるのは早そうだったのでロングツアーはやめにして手短に八方BC
しかしそれもまた強風につきもっとルートを短縮しサクッと手前で降りてきました。
もちろん出だしは完全に雪が飛ばされカリカリ
残っているところもクラストありフワフワあり相変わらず難しいコンディションです。

いい天気なのに風がなー・・・
結局滑らなかった昨日が当たりの日でしたがしょうがない。
気持ちいいところはもちろんあるけどそこに滑りを合わすと罠でやられるから
常に警戒しつつ抑え気味で。

風で雪が飛ばされていないだろうと狙った斜面もあまりいい雪がついておらずなかなか苦戦。
好きな場所で滑ってもあまり感じませんが見上げるといい斜度ありますね。

写真を振り返るとわりといいのが撮れてました。
この時期にして雪は綺麗だしパウダー感もあり満足なBC
これでたぶんパウダー狙ってのBCは最後かな?
次はチャンスがあればザラメを狙って。

上部はまだまだ生きている

2017年3月13日 at 4:31 PM

昨日より雪が悪くなっているはずだけど行ける時は行っとく、2本目BCの会のモットー(多分僕だけ)。
今日は天気が下り坂で空が白みがかってきてますが
影ができるくらいの陽射しはあるからまぁ大丈夫じゃないかと。

上部は雪が沈降してきてはいますがまだいい雪、
板が沈まない分スピードは出やすくそれが今日のいいところ。
だからって出せるままに出すとカリカリミックスの罠にかかるからやっぱりある程度は抑えつつ
見た目が怪しいところは避けて滑ります。

メインを滑り終わってあとはボトム移動でちょっと遊びながら

でちょっと欲張ってまたボーナスステージを選べば
激重の雪、ちょっと切ればスラフでアンモナイトがゴロゴロしていく場所。
しかも抜けが狭くて流石に滑りどころではなく安全に移動しながら高度を落としてやっと下山。
近くに見える川までが遠く感じるコンディションでした。

1本目よりも2本目の当たり

2017年3月12日 at 9:14 PM

ラストなんて言っておきながら早速次のパウダー!
というわけではなく狙ったところにいい雪が残っていた幸運
天気は文句なしのピーカン、無風で最高のBCになりました。

1本目組からの話だと雪はイマイチでもうどこにも残ってないよー
とのことだったけど行ける時は行く!とワガママ通して行ってみたら結局みんなご満悦のいい2本目。
雪が悪いからってアルペンで行こうかとも思ったけど今シーズンはテレマークの写真が少ないから
苦労してでもいいからテレマークで、の決断も当たりでした。

出だしこそ罠に警戒しつつ滑り始めましたが降りてみれば高度を落としてきてもまだまだいい雪をすべり続け
スプレーもまさか上がるとは思っていなかったのがいいのを連発。

狙ったところを狙い以上に楽しんだあとは帰るだけ
だけど何やらトラバースの先にもう1面行けるっていうから
アンモナイト博物館を横切ってボーナスステージへ。

もう下部も下部、さすがにここまで来ると雪は重く、地形もむずそう
久しぶりに急斜面でビビりますがなんとか完走
テレマークターンなんてできないけどね。