手頃な岩場-鳶岩-

2017年6月4日 at 11:08 PM

5月はいつになく暑い日々が続いたりしていたのに
つい先日は山に雪が降るほど寒くなったりまだこの時期はいったりきたりですね。
滑りに行く人は滑りに、僕達は岩に
人もまたどっちも楽しめる移行期間。
今回は長野にある鳶岩にきました。
大室古墳群というところのすぐ近く、白馬からは1時間ちょいで行けるアクセス抜群の岩場。

相変わらず岩と人工壁とでは登れるグレードが違って
人工壁の方が登れる気がするんだけど相方はその逆だと言うし得意不得意?
5.10bが登れたかと思えば5.9に苦戦し、初級ルートでこんなだったら
クライミング始めました!みたいな人は早々に諦めちゃうよ、なんてブツブツ言いながら
いつまでたっても上達しない僕は最後に5.9を辛くもオンサイトで勝ち越し。
なのか?

小川山だけじゃない、近めの岩場「坊抱岩」(ボコダキイワ)

2015年11月5日 at 11:11 PM

P1050623

長野県は千曲市にある冠着山(カムリキヤマ)
ここは姨捨山(オバステヤマ)としてのが有名ですかね。
その山頂近く坊抱岩と呼ばれる岩場へクライミングへ。
白馬からは2時間くらいと近いんだか遠いんだか。
時間だけで言うとさらにもう一時間で小川山なんだけど下道だけと考えるとやっぱり近い、かな。

P1050640

岩はちゃんとゴツゴツしてるんだけど見た目程には持てるところが少なく
ここでもグレードよりは難しい感じ。
高い場所はやっぱり怖く、登りだしのロープの意味なさ
そういう緊張感だけで呼吸が乱れ、指先が湿ってきます。

P1050661

いくつかルートを登って、〆には絶景ポイントの坊抱岩のてっぺんへ。

P1050667

手前には冠着山の影、その右斜面にぽこっと飛び出ているのが坊抱岩
なんでこんな形になったのかさっぱりわからないけど
おかげでこんな絶景が拝めます。
秋晴れにぽかぽか陽気で最高のクライミング。

P1050670

たくさんルートがあるから来年はもっと登れるようになってまた来たいですね。

遠征、小川山

2014年10月10日 at 4:02 PM

P1010365

クライミング・ボルダリングで大人気の岩場、小川山に行ってきました!

P1010314

今回はすべて傾斜が垂直よりも緩い壁
それなのに大苦戦。
グレードからいくと登れそうなのに登れない。

P1010318

岩場といえば47のルートぐらいしか知らないわけで
しかもそれより全くホールドが見えない。
手がかりを探すのも自然の岩場の魅力なんだけどこれには参りました。
遠くから見ればツルッとした、だけど近くだとザラザラ、たまに凸凹
それらを摩擦でフル活用しないといけないんだけど
足場の無い足場に足を置き、ぺたっと手を岩に吸い付かせて体を上げていく
この瞬間の信用のなさといったら。
でもそのジワジワ体を上げていくスリルも好きだったりするんですよね。