〆の黒菱、いつもの黒菱

GW最終日、前日までの嵐は過ぎ、暑すぎず寒すぎず穏やかな日になりました。
見ての通り雪はかなり減ってしまいましたが今日さえ滑れればそれでいい
そんなわりとなんでも許せる最終日の始まりです。

そして迷わず黒菱へ。
今シーズン、コブといえばほぼ黒菱でしたね。
いつもは穴場となる新コースはコブとしてはほぼ全く滑っていないかも。
うさぎのコブもなんだかイマイチ好みじゃなかったし。

黒菱フラット側にできているコブの多くはもう底に土が見えて滑れないけど
黒3側のコブ斜面はわりと雪が残っている方ですね。
そういえば昨日は一面真っ白になる程雪が積もったわけですが
その名残はすっかりなくなって、春の夢は1日すら持たず。
しかし昨日運良く滑れた人たちの話ではストップ地獄だったそう。

シーズン途中にはたくさんあった雪も融け出すとあっという間。
だけどその蓄えがあったから黒菱はこうして最後までコブを楽しむことができました。
最終日に集まった友達たちとまったり黒菱。

春になっていよいよコブだー! と思って滑り始めたらもう終了。
お約束(?)の不調も長引いてコレだ、という滑りは少なかったように思いますが
まぁそれなりに日々頑張ったんではないかと。

ドカ雪こそ少ない冬でしたが12月のうちからBCへ行けたりとか
シーズン半ばは寒い日が続いていい雪を連続で滑ったり
思い出せばいいことの方が多かったような気がします。
でも強風で滑れない日は多かったかな。
皆様にとってはどんなシーズンだったでしょうか?
充実したオフを過ごし、半年とちょっと後にはまた滑雪blogでお会いしましょう。
今シーズンもありがとうございました。