登山・トレッキング

嵐の翌日、曇がない晴れ予報、これは紅葉日和とばかりに栂池へ向かいました。
もしかして稜線とか雪が積もっていないかとうっすら思いましたが
雪は降らなかったようですね。

ロープウェイで上がればあのひだまり、その色に期待が膨らみます。

自然園へ降り立つと冬を感じさせる冷たい風と、その風に乗った雨粒がポツポツ当たり
まずは着込んでから出発。
雲の流れが早く日向と日陰が目まぐるしく変わっていく様は見ていて気持ちいいですね。

朝は凍っていたという木道はすでに解けてしっとり。
このところ暖かい日が多く紅葉を見る気分ではなかったので
今日みたいにヒンヤリしていると秋っぽくて好きです。

昨日はロープウェイが一時運休になるほどの強風だったそうで
木道には落ち葉が散らかり、足元にも紅葉。

ちょっと紅葉には早いかな?と思う色合いでしたが
浮島湿原あたりから見る紅葉がまさに旬。

しばらく紅葉のピークを気持ちよく歩く

展望湿原から見えるはずの山はあいにく雲の中
だけど手前の紅葉のオレンジがいつになく鮮やかなのはコントラストのせいだろうか。

帰り際見下ろす自然園は色とりどり

今年はダケカンバの紅葉がイマイチだそうで、葉が枯れ落ちてしまい
白い木の幹が例年より目立つそうだ。
ダケカンバは紅葉しても綺麗だし、幹も綺麗だし、樹形も存在感があってできるやつだな。

登山・トレッキング

この台風が過ぎたら山に行く。
予定と天気予報を見つつ、台風一過の気持ちよい晴れと流れる雲
狙い通りの山日和でした。

何度も晴れの日に唐松に登っているから青空と山!な写真は少なめにして
今日はとにかく山頂での時間を長くとる為に黙々と登ります。
3ヶ月ぶりの登山はすぐに息があがり、登り始めこそ肌寒いと思ったものの強めの日差しとともにじんわり汗をかくほどに。

八方池を50分で通過、いいペース
スイッチが入ったところでどんどん進む、目指せ山頂!

このあたりから色合いが変わってきているのが目立ちます。
紅葉期まではもうすぐ、今年はどこへ行こうか考えながら、目指せ山頂!

雲の上には出たものの谷間を駆け上がってくるガスはどこまで?

お隣の山頂へ続く登山道を眺めては登山の道のりの長さに勝手に気が滅入る
近そうで意外と遠い五竜。

最後の角を回り込んで唐松山荘横へ
その瞬間広がるこの景色と正面から吹き抜ける風の爽快感は
いつも、何度登っても新鮮。
冷たい風にしばし当たっていたい気もするけど冷える前にとりあえず着込んでもうひと登り。

そして山頂へ。
稜線に出たときの眺めもいいけどやっぱりこの眺めが最高!
がんばって登ったおかげで時間に余裕があり、たっぷりと景色を堪能してきました。